なにげなく使っている電気製品。手アカがついていたり、静電気が寄せつけるホコリにまみれていたりと、意外と汚いってご存知でしたか? とくに要注意なのが、手で触る頻度の高いスマートフォン、リモコン、パソコンの3つです。掃除に関する著書があるブロガー・東いづみさんによると、家にあるもので簡単に掃除するだけでも、グンと快適に、安全に使えるようになるそう。スマホやパソコンは、思った以上に手アカやホコリで汚れています

「電気製品は、基本的に水を嫌うため、機械部分は直接濡らさないように注意が必要。また、メーカーや機種によってお手入れ方法や外せる部位が違うので、掃除前に必ず取扱説明書を確認しましょう。ホームページから説明書をダウンロードできるメーカーも増えています」。東さんに、スマートフォン、リモコン、パソコンの簡単なお掃除方法を教えてもらいました。意外にも綿棒が大活躍しますよ! ぜひ参考にして試してみてください。●スマートフォン&リモコンの掃除の仕方

日々使うスマートフォンやリモコンには、ホコリや手アカがたまりがちです。細かい溝が多いので、綿棒を使うと簡単に掃除できます。(1)細かい汚れを綿棒で落とす


綿棒の先を消毒用エタノールで湿らせ、リモコンのボタン回りの溝や、スマホの横にある溝をふいてください。


こうすると、いつの間にかたまった手アカ汚れがよく落ちます。(2)全体をふく

メガネふきなど繊維の細かいクロスに消毒用エタノールを吹きつけ、全体をふきます。


スマホの画面もピカピカになります。●パソコンの掃除の仕方

パソコンは、手アカやホコリで、かなり汚れている可能性が! おやつを食べながらパソコンを使う…なんて人は、とくに注意してください。(1)ハンディーモップなどでホコリを落とす

パソコンは電源を落とし、ハンディーモップなどで、全体のホコリを落とします。


デスクトップ型の場合、ホコリがたまりやすい裏側を念入りに行いましょう。(2)背面、画面、キーボードをふく


メガネふきなど、繊維の細かいクロスで、背面、画面、キーボードをふきます。


汚れがひどいときは、クロスに消毒用エタノールをスプレーしてふくと、さっぱりします。ものによってはコーティングがはがれる、跡が残るといったトラブルが起こるので、液晶部分の手入れについてはとくに注意をして説明書の確認をしておきましょう。(3)キーボードの溝の汚れを落とす


キーボードの溝の細かい汚れは、乾いた綿棒を使ってふき取ります。


デスクトップ型のキーボードは、新聞紙の上などで逆さにして軽く振り、ゴミを落としてから始めてください。(4)マウスをふく


乾いたクロスで、表面をふきます。


裏側は四すみが汚れているので、念入りにふきましょう。汚れがひどければ、消毒用エタノールをクロスに軽くスプレーしてふくのがおすすめ。穴の部分は、乾いた綿棒でふくときれいになりますよ。

●教えてくれた人
【東いづみさん】
夫と長男、双子の長女、二女の5人と猫4匹と暮らす。掃除をテーマにしたブログ「子供とペットとスッキリ暮らす」が話題に。著書に『子供とペットとスッキリ暮らす掃除術 東(ひがし)さんちのアイデア50全部見せ』(KADOKAWA刊)ほか

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>