チャーリー・カルバーソン【写真:Getty Images】

写真拡大

今季わずか15試合のカルバーソン、弾丸ライナーを「ザ・ファイナルアウト」を好捕

「ザ・ファイナルアウト」は“日陰の男”の美技だった――。米大リーグのリーグ優勝決定シリーズ第5戦は19日(日本時間20日)、ドジャースが敵地カブス戦で11-1と大勝。対戦成績4勝1敗でリーグ優勝を飾り、29年ぶりのワールドシリーズ進出を決めた。最後は遊撃手のチャーリー・カルバーソンが弾丸ライナーを滑り込み好捕。美しき“スーパーVキャッチ”の瞬間をドジャースの球団公式ツイッターが動画付きで紹介し、熱狂を呼んでいる。

 この夜、最も全米で観られるシーンとなっただろう。そんな場面を最高の美技で決めた。

 11-1で大量リードして迎えた9回2死。リーグ優勝までアウト1つ、ファンが総立ちとなって見守る中、守護神ジャンセンはカウント1-1から渾身の直球を投げ込んだ。これを5番コントレラスが芯で捉える。痛烈なライナー。二遊間を抜けるかと思われた白球に飛びついたのが、遊撃カルバーソンだった。

 今季21本塁打を放っているスラッガーの弾丸のような打球。地を這うように向かってきた白球に抜群の反応でグラブを合わせ、滑り込みながら捕球を試みた。そして、打球の強さに負けることなく、見事にキャッチ。ダイレクト捕球をアピールするように左手のグラブを掲げ、さらに右手でガッツポーズを繰り出した。

シーズン打率.154の28歳、シーガーの代役出場で今シリーズ打率.455の大暴れ

 これを合図に歓喜の瞬間が訪れた。グラウンド上にナインが飛び出し、それぞれが感情を爆発。29年ぶりのリーグ優勝はこうしてもたらされた。

 今季レギュラーシーズンはわずか出場15試合。それも途中出場が多く、15打数2安打で打率.164。そんな日陰の男が腰痛のシーガーに代わり、ロースター入りのチャンスをつかむと、今シリーズでは3試合でスタメン。11打数5安打、打率.455で1打点の大暴れ。打線を活性化させ、完全にラッキーボーイと化している。

 最後の最後、おいしいところで輝いた28歳の“スーパーVキャッチ”を球団公式ツイッターも「ザ・ファイナルアウト(最後のアウト)」と紹介。瞬く間に反響を呼び、多くのファンの記憶に刻まれた。

 実に29年ぶりというリーグ優勝に輝いたドジャース。貴重なラッキーボーイを手にした勢いは、ワールドシリーズでも止めることはない。