「お前がアジア人だから」韓国人青年に瓶を叩きつけ…英国で急増する人種差別

写真拡大

韓国のネット上で、英国・ブライトンに留学中の韓国人留学生が人種差別による暴力を受けた事件が波紋を読んでいる。

10月15日、帰宅中だったAさん(20)は突然、白人男性たちからワインの瓶を投げつけられた。彼らに瓶を投げた理由を尋ねると、「お前がアジア人だから」という返事が返ってきたという。

Aさんはそれを無視して帰宅を急いだそうだが、男性らはAさんの前を塞いで目を細めるポーズや耳を引っ張って猿のモノマネをしたり、人種差別的な暴言を浴びせたりと、しつこく絡んできた。「1:1で戦おうぜ」という挑発までしたらしい。

やがて口喧嘩が始まったと思えば、突然の出来事が起きた。男性らの1人が、持っていたシャンパンの瓶をAさんの口元に叩きつけたのだ。

その結果、Aさんは1本の歯が折れ、10本ほどの歯が揺れる上に、上顎骨が骨折するという大怪我を負った。

すぐに病院に運ばれたが、折れた歯は神経治療が必要なほど深刻な状況で、治療のためロンドンに行かなければならないという。

このことは、Aさんの先輩・チョさんのFacebook投稿によってネット上で広まった。

投稿には暴行の瞬間を捉えた動画も一緒に公開されており、当時の状況がリアルに伝わる。

男性らは暴行後にすぐ現場を逃げ去ったため、身元が明らかになっていない。今はAさんの通報を受けた現地の警察が事件を捜査中で、目撃者を探しているそうだ。

この事件を受け、ネット民からは「平和な港町だと思っていたブライトンでこんなことが起きるとは、信じられない」「“紳士の国”とかはもう昔話だな」「なんだかんだ言ってもヨーロッパは人種差別が激しい」「あの若者たちのレベルが知れるわ」「どこの国にも非常識的な人間はいるものだな」といったコメントが寄せられている。

英国では、昨年から人種差別による犯罪が増えている。英国『BBC』によると、2015年に4万9千419件だった事件は、2016年に6万2千685件と27%増加したそうだ。

韓国では今年3月にも、アジア人に対する英国人の偏見がよく現れたハプニングがあった。

韓国に在住する英国出身のロバート・ケリー教授が自宅でBBCの生中継インタビューに応じていた際、ケリー教授の子供たちが突然部屋に乱入。

その時、アジア人の女性が急いで子供たちを部屋から連れ出したのだが、英国の多くのメディアがそのアジア女性のことを「メイド」と紹介したのだ。

唖然とした彼女の表情を「クビになることを恐れるように見える」と言う人もいたが、彼女の正体はケリー教授の妻。アジア女性に対する意識が未だに前時代的であることを示した出来事だったと言えるだろう。

ここ最近、アメリカやヨーロッパを中心に相次ぐ人種差別事件。人が人を嫌い、傷つける事件がこの世からなくなることを願うばかりだ。

(参考記事:アメリカで嫌韓感情が爆発!? 韓国系老婦人が白人に襲撃された事件と“でっちあげ”疑惑

(文=李 ハナ)