レッドブルエアレース2017最終戦・インディアナポリスのラウンド・オブ・8。天候は曇り。気温はラウンド・オブ・14の時より下がった。風は弱くなっている。

Heat9 ミカ・ブラジョー  vs  室屋義秀

ブラジョーは再び予選タイムを上回る1.07.126をマークするも、室屋選手は1.04.557とスーパースピードウェイに到着してからの最速タイムをマーク。室屋選手、ファイナル4へ。

Heat10 マティアス・ドルダラー  vs  ペトル・コプシュタイン

ドルダラー選手はこの週末の好調を維持しており、このラウンド最速の1.04.249を叩き出す。プラクティス1では1.04.094(スモークトラブルの+1秒加算されている)を記録していたコプシュテイン選手だが、1.05.741と伸びず。ドルダラー選手が勝ち上がる。

Heat11 ファン・ベラルデ  vs  マイケル・グーリアン

予選3番手だったベラルデ選手はミスなく1.06.075とまずまずのタイム。グーリアン選手はラウンド・オブ・14で伸びなかったタイムから果敢に攻めるが、鬼門のゲート2をパイロンヒットし+3秒で1.08.006。タイムでは1秒以上上回っているだけに残念。ベラルデ選手2度目のファイナル4に進出。

Heat12 マルティン・ソンカ  vs  マット・ホール

ソンカ選手は1.04.995と今日一番のタイムを叩き出した。対してホール選手はゲート2でまさかのパイロンヒット!更にインコレクトレベルが加算され計5秒のペナルティ加算。練習日からここまでトップタイムを出し続けた優勝候補の大本命が1.11.359でまさかの敗退。

これにより、室屋選手のタイトル獲得条件は優勝か2位のみとなった。ソンカ選手は2位でもタイトル獲得となる。

ファイナル4は時間を空けずに開始される。

飛行の順番は勝ち上がり順に室屋・ドルダラー・ベラルデ・ソンカとなる。つまり、仮に室屋選手が誰も追い付けない超速タイムを叩き出しても、最終のソンカ選手の飛行が終了するまでチャンピオンは決定しないのだ。

室屋選手、今年最後のスモークオン! スラロームでは揺れるパイロンを垂直になりながら避けつつ、叩き出されたタイムは1.03.026という誰も想像しなかった乾坤一擲。後にこのタイムはシミュレートを遥かに超えたタイムと語った。

ドルダラー選手、計測地点1で0.459差。計測地点2で1.591差。大きく差が開く。計測地点3で1.994差。ペナルティー以外ではもう大丈夫だ。1.05.546。暫定2位で、室屋選手の3位以上が確定した。

ベラルデ選手、計測地点1で+0.499。計測地点2で+2.014。計測地点3で+2.662。1.05.829。暫定3位

これで室屋選手の2位以上が確定したが、まだタイトルへの挑戦権がようやく確定のみ。まだ決まらない。

最後の飛行はランキング1位のソンカ選手。今日はここまで1.04.995がペストタイムだけに恐らく室屋選手には届かないが、2位のドルダラー選手には届く可能性は高い。チャンピオンか1ポイント届かず涙を飲むのか。エアレース史上、シーズン最終戦の最終競技者が飛び終わるまでチャンピオンが決まらないのも初めてだ。

ソンカ選手が離陸した。

タイム表示が1位との差なので、中間計測1地点で+0.381。中間計測2で+2.816。優勝はもう大丈夫だ。計測地点3で+3.871。3位のベラルデ選手とも1秒以上開く。1.07.280で駆け抜けた。

室屋義秀、インディアナポリス戦優勝そして、ワールドチャンピオン獲得!

表彰式はインディアナポリス戦の表彰式と年間のシリーズ表彰式が行われた。

インディアナポリスモータースピードウェイでは優勝者が、ブリックヤード(100年前から残されている煉瓦敷きのスタート/フィニッシュライン)にキスをするセレモニーを行う。

日本人がモータースポーツの種類を問わずシリーズ戦の最高峰クラスでワールドチャンピオンを獲得したのは初めてのことだ。 また、同じ年にインディ500とエアレースを日本人が制するという2017年シーズンとなり、正に歴史に室屋の名を刻んだ一戦となった。

(川崎BASE)

室屋選手世界一へ。今季最後の勝負は最後の直接対決で決着!【レッドブルエアレース2017・決勝レポートその1】(http://clicccar.com/2017/10/20/522118/)