「ジャーナル スタンダード スクエア」展開アイテム

写真拡大

 「ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)」が、新業態のギフトショップ「ジャーナル スタンダード スクエア(JOURNAL STANDARD SQUARE)」を渋谷神宮前に出店する。オープン日は10月28日。

 ジャーナル スタンダード スクエアは、アーバンリサーチストア渋谷店に隣接したビルに出店。ブランド名の「SQUARE」は、「JOURNAL STANDARD」と「JAPAN STANDARD」を掛けた「JSの二乗」を意味している。「GOOD(S) GIFT SHOP」をコンセプトに掲げ、和洋折衷の贈り物に適したアイテムを展開。メインターゲット層はホームパーティーや女子会などでプレゼントを贈る機会が多い20代〜40代の女性と国内外の観光客で、プリントTのような提灯照明やマグカップ、プレートなどをラインナップする。
 ディレクターには、ジャーナル スタンダード ファニチャー(journal standard Furniture)事業を立ち上げた原田陽介を起用し、58works代表の三宅敬や「雨晴/AMAHARE」のディレクター金子憲一、日本百貨店代表 鈴木正晴らがセレクターとして参加する。また、ギフトの贈り方として「風呂敷」を提案。オリジナル商品をはじめ、アパレルブランドやアーティストと協業した風呂敷などを取り扱う。オープンを記念して、ドイツ・ハンブルグを拠点に活動するアーティスト ステファン・マルクス(STEFAN MARX)とのコラボコレクションが発売される。