華原朋美、ついに歌手引退か…涙の真相とは

写真拡大

歌手の華原朋美が、10月21日に放送される『炎の体育会TVSP』(TBS系列、毎週土曜19:00〜)に出演し、「もう歌手を辞める……」と歌手引退を匂わせる。

番組内の人気企画「馬術部」の部長を務める華原は、昨年10月のジャパンオープンで優勝し、今年3月に開催された国際大会に出場。その後も、更なるレベルアップのために練習を続けてきた。今回は、夏のドイツ留学から、9月に行われた全日本大会に出場するまでの様子に密着する。

ドイツは数多くの世界王者を輩出する馬術大国で、当然指導のレベルも高い。高校時代に国体4位の成績を収め昨年のジャパンオープンでも優勝しているが、ドイツで最初に指導されたのは「基礎の基礎からやり直すこと」だった。自信を失う暇すら与えてもらえず、朝から夜まで馬術漬けの毎日を送ることに。

帰国後も時間を作って馬術の練習に勤しむ華原には、気がかりなことが一つあった。それは、愛馬「キャリーズサン」と呼吸が合わないこと。馬術は“人馬一体”という言葉の通り、騎手と馬の呼吸を合わせることが何よりも大切で、少しでも呼吸が乱れると馬が障害を跳ばないなど自在に操れなくなってしまう。馬は非常に敏感な生き物なので、騎手のちょっとした気の迷いなどを察知するからだ。

昨年の国際大会以降、キャリーズサンとの呼吸が微妙に合わず落馬することが続いていた華原。そんな状況を打開できないまま全日本大会当日を迎える。五輪出場選手など日本のトップクラスの100名が出場するこの大会。出場するだけでも名誉あるこの大会で、華原とキャリーズサンは上位60名のみが進める決勝を目指す。果たして華原はどのような乗馬を見せるのか。

密着VTRに加え、スタジオにも華原が登場。自らが行ってきた留学・練習の映像を見て思わず涙する場面も。そして唐突に「もう歌手を辞める……」と口にする。果たして、その真意とは?