【完成度高すぎ】「ネコ家具できました」のCMにグッとくるにゃん♪ 人間用かと思いきや猫サイズでびっくり

写真拡大


心地よさそうな風が吹き抜けるお部屋。そこに置かれているのは、これまた心地よさげなソファやベッド。そこにやってきたのは1匹の猫で、「よいしょ」といわんばかりに、ソファやベッドの上に身を落ち着けたのですが……。なんだかこれ、サイズ感おかしくない!?

それもそのはず。猫が座っているのは人間用ではなく、猫用の「ネコ家具」だから!

YouTubeの商品紹介動画には家具のアップが映るのですが、しっかりした作りで人間用にしか見えません。家具のレベルの高さがうかがい知れます。

【ネコ家具を使う猫、満足気です♪】

「ネコ家具」は、熟練した技術を持つ大川家具の職人たちが手がける “猫サイズ” の家具です。大川家具とは、福岡県大川市で作られている家具のこと。

職人魂を持って家具づくりに携わる全ての人を「職人」と考え、その「職人」こそが暮らしを豊かにする家具を作ることができるという信念から、「職人MADE 大川家具」というコンセプトが生まれたのだそうです。

職人魂を持って作られた「ネコ家具」は、どれも使い心地が良さそう。そのことは使用中の猫の表情や仕草を見れば、明らかです。こんなにもうっとりされちゃうと、おのずと猫さまに家具を貢ぎたくなってしまう……!

【職人たちによる裏話も公開されています】

大川市による「ネコ家具」公式サイトには「ネコソファ」を手がけた広松木工株式会社、そして「ネコベッド」を手がけた立野木材工芸株式会社による制作秘話が公開されています。

最初に「ネコ家具」を作ると聞いた時の感想は対照的で、広松木工は「面白そう」、一方の立野木材工芸は「何? ネコ?!」が率直な感想だったとのこと。

最初は戸惑った様子の立野木材工芸でしたが、「 “やったことない” はモチベーションになる!」という思いの元、職人としての自信をもって制作に取り組んだのだそうですよ。

【猫を飼っていたら絶対に欲しくなる、はず!】

本格仕様な「ネコ家具」を眺めていると、フルセットで欲しくなってしまうこと必至です。こんな家具を作ってもらえて、運よく使うことができた猫さんは幸せ者ですねぇ〜♡

参照元:ネコ家具、YouTube[1] [2] [3]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る