『MUTEK.JP 2017』、Tetsuya Komuro & Akira Wakitaが新プログラムを世界初公開

写真拡大

 11月3日〜5日にお台場・日本科学未来館で開催する、デジタル・アート&エレクトロニック・ミュージック・フェスティバル『MUTEK.JP 2017』の、第3弾ラインナップが公開された。

(関連:音楽はAIとどう関わっていく? ジェイ・コウガミ氏がライブチケット販売やLANDRを例に考察

 同フェスティバルはデジタル・クリエイティビティや電子音楽、オーディオ・ビジュアルアートの創造性の開発、文化芸術活動の普及を目的として開催。今回発表されたのは、Tetsuya Komuro & Akira Wakita、Young Juvenile Youth、HIFANA、DE DE MOUSE、katsuyuki seto、Mother Tereco、TAEJI SawaI、Shigeo (Fake Eyes Production)、Daiki Tsuneda、backspacetokyo、toe on netら11組。

 なお、小室哲哉と慶應義塾大学教授・脇田玲によるオーディオビジュアルインスタレーションプロジェクト・Tetsuya Komuro & Akira Wakitaのセットでは、スーパーコンピュータ「地球シミュレータ」による計算データを用いたオーディオ・ビジュアル・パフォーマンスが世界初披露されるとのことだ。(リアルサウンド編集部)