※写真はイメージ

写真拡大 (全2枚)

会社の仲間や上司から「飲みに行こう!」と誘われた時、あなたはどう思いますか。

「行きたい」といえる人もいれば、「正直、行きたくないなぁ」という人もいるのではないでしょうか。

既婚者のNikov(@NyoVh7fiap)さんは、以前はよく参加していましたが、いまはあまり飲み会に行かないといいます。その理由は、妻からとあるアドバイスをもらったからです。

Twitterに投稿した、そのアドバイスがこちら。

※写真はイメージ

飲み会に誘われたら「全部行きます!」というノリで交流が深まるのは、学生や独身時代まで。

妻子がいたら、「今日は帰ります」とスッと帰るほうが断然カッコいいんやで。

このアドバイスを受け、実践してみた投稿者さん。

すると、驚きの効果が現れたのです!

自分の周りに、心地よい関係の人しか残らなくなった。

この結果を受けて、投稿者さんは「自分が何を大切にしたいのかを意思表示していると、それを理解してくれる人が自分の周りに集まってくる」と気付いたそうです。

投稿者さんの気付きに、共感のコメントが集まりました。

・本音をいっても壊れない関係の人だけが集まる。こういうほうが、私は好きです。

・家庭を大事にできる男がカッコいい。奥さんのいうことはもっともです。

・確かにその通り。無理な人間関係を続けているより、ずっと楽になるよ。

もちろん、すべての飲み会を「断るべき」というわけではありません。

参加するものは参加し、断るものは断るという、分別を持つ…投稿者さんの妻がいいたかったことは、こういうことなのかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]