20日、日本人メンバー3人を含む韓国の9人組ガールズグループ「TWICE」が、日本で発表した初のシングルで、韓国のガールズグループとして初週の最多売り上げ記録を打ち立てた。写真はTWICEを特集した韓国の雑誌。

写真拡大

2017年10月20日、日本人メンバー3人を含む韓国の9人組ガールズグループ「TWICE」が、日本で発表した初のシングルで、韓国のガールズグループとして初週の最多売り上げ記録を打ち立てた。韓国の芸能専門メディアから大手紙まで、数多くのメディアが一斉に伝えた。

TWICEの所属事務所JYPエンターテインメントは、18日に日本で発売された「One More Time」が発売初日に9万4957枚、翌日に4万3412枚の計13万8369枚を売り上げたと明らかにした。

これは、韓国のガールズグループが日本でリリースしたシングルの発売初週販売枚数(初動)の最多記録だ。これまでKARAの「Jet Coaster Love」が持っていた12万2820枚の記録をわずか2日で破ったことになる。

「One More Time」はオリコンデイリーCDシングルランキングで初登場1位にランクインするなど勢いを見せており、JYPは「TWICEはガールズグループの枠を超え、日本で活動する韓国のアーティストのシングル初週販売枚数の最高記録突破も秒読み段階に入った」と期待を示した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「さすがTWICE、すごい」「カッコいい!」「日本での活動が大当たりだね」「歴代の記録を軽〜く更新してしまうとは!」「次々と歴史を塗り替えるTWICEと同時代に生きていることが誇らしい」など、まさに大喝采が贈られている。

また日本での活躍に、韓国のネット掲示板には「TWICEに対する日本人の認識はもはや『韓国のアイドル』ではなく『グローバルなグループ』に変わっていると思う」との投稿も。TWICEファンとみられるこの投稿者は、「過去の韓流・K−POPブーム時の韓国アイドルグループの売り上げ」と比べるとTWICEに対する日本での反響は桁違いだと指摘、彼女たちの日本での人気がすでに「韓流ファンの枠を超え、より広い大衆的な人気を獲得していると思う」とつづった。(編集/吉金)