前節は踏みとどまったアルビレックス新潟【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 アルビレックス新潟はJ1リーグ第29節のガンバ大阪戦に勝利し、前節のJ2降格決定を回避した。しかし、崖っぷちが続くことに変わりはない。21日の第30節は敵地でジュビロ磐田と対戦する。

 新潟は今節、仮に勝利を収めてもライバルたちの結果次第で降格が決まる。残り5試合でここまで獲得した勝ち点は15。勝ち点29の清水(14位)と同28の甲府(15位)が今節勝利を手にすると、残り全試合に勝利しても届かない計算だ。

 もちろん、新潟が磐田戦で引き分けた場合はさらに厳しい。「甲府が引き分け以上」「広島が勝利」「大宮が勝利」のいずれかで降格が決定する。

 新潟が磐田に負けた場合、他会場の結果に関係なく降格が決定する。

 G大阪に勝利して17試合ぶりに白星をつかんだ新潟。奇跡の残留に望みはつながるだろうか。

text by 編集部