Bjork

写真拡大

「デンマーク人の映画監督」から受けた性的嫌がらせについて、10月15日に自身のFacebookページで告白したBjork。

主演映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の監督ラース・フォン・トリアーがデンマーク出身であることからBjorkが告発しているのはトリアーではないかと推測される中、トリアーがBjorkへのハラスメントを否定。その後、Bjorkが「その監督」から受けた体験について詳しく述べた声明をFacebookで発表した。

■ラース・フォン・トリアーは疑惑を否定、プロデューサーは「私たちは被害者」

Bjorkは初めの投稿で女優の仕事を初めて「監督が起用した女優を好き勝手に触り、嫌がらせすることは当たり前のことで、映画界はそれを容認していることに気がついた」「私が何度も拒むと彼は不機嫌になって私を罰し、私が堅物であるかのような雰囲気を彼のチーム内に作り出した」と告白。

疑惑の渦中に置かれたラース・フォン・トリアーは、デンマークのメディア「Jylannds Posten」の取材に応じて訴えを否定し、「私たちは友達ではなかったのは事実。しかし彼女は映画の中で素晴らしいパフォーマンスをしてくれた」と述べている。

さらに『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を含むトリアーの作品で共同プロデューサーを務めているペーター・オールベック・イェンセンは自分たちは被害者だと主張。同じ地元メディアの「Jylannds Posten」に「思い出せる限り、私たちは被害者だ。Bjorkはトリアーと私と私たちの会社が一緒になったとしてもそれより強かった」とコメントした。

■Bjorkは自身が受けた「セクハラとみなされるであろう出来事のリスト」を公開、被害の詳細を明かす

これを受けてBjorkはさらにFacebookを更新。セクシャルハラスメントや性的犯罪の被害にあった人々が自身の体験をSNS上でシェアする「#MeToo」キャンペーンに賛同する形で、「デンマーク人の映画監督」から受けた被害についての詳細を明らかにした。

この中でBjorkは「こういう性質のことを公にするのは、本当に大変なことです。(告白して)すぐに犯罪者から嘲笑されるような場合は特に。何年かかっても告白することをためらう人々の気持ちは心から理解できます」とした上で、この監督から受けた「セクハラとみなされるであろう出来事のリスト」を公開している。

このリストは6項目にものぼり、

1. テイクが終わるたびに全てのクルーの前で長い間抱きしめられ、時には私の意思に反して何分間も撫でまわされた。

2. そのまま2か月経ってこれをやめるよう告げると、まるで自分が女優に触るのは当然の権利だとばかりに怒り狂い、みんなの前で椅子を壊した。

3. 映画の制作中、常に誘いの言葉を囁いてきた。時には隣に彼の奥さんがいたのに。

4. スウェーデンでの撮影中、夜中に明らかな性的意図をもってバルコニーをよじ登って私の部屋に来ると脅してきた。隣の部屋では彼の奥さんが寝ていた。私は友達の部屋に逃げたけど、これをきっかけにこれらの行動の酷さに気づかされ、一歩も引かないことを決めた。

5. 私が気難しい人だというようにプロデューサーを使ってメディアを印象操作した。これは(ハーヴェイ・)ワインスタインの手法と明らかに一致する。私はシャツを食べたことなんてないし、そんなことできるとも思っていない。

6. 私はセクシャルハラスメントに応じなかったし、同意もしていない。その時から私は気難しい人だと見られるようになった。扱いにくい人であることが、こういう仕打ちへの抵抗になるのならばそれを認めます。
(一部抜粋)

などと記されている。これに対して、10月19日現在ラース・フォン・トリアーから反論などの動きはないようだ。