「かけすぎ」に注意

写真拡大

 味に鈍感になる“症状”が気付かないうちに進行すると、重篤な病気につながるリスクがある。それが「味覚障害」の恐怖だ。

 味覚障害の原因として最も多いとされるのが、「薬物性味覚障害」だ。厚労省が平成23年に作成した「重篤副作用疾患別対応マニュアル 薬物性味覚障害」によれば、味覚障害のなかでも薬物性と考えられるものは21.7%で最も多い。

 対応マニュアルでは、そうした副作用リスクのある薬剤として、降圧薬、消化性潰瘍治療薬、抗うつ薬、抗菌薬、抗がん薬などが挙げられている。さらに同マニュアルは〈亜鉛キレート作用(亜鉛の吸収を抑制する作用)のある薬や唾液分泌をおさえる薬に味覚障害が起こりやすいと考えられています〉と警告している。

 亜鉛の欠乏や、薬剤の副作用以外にも、原因はある。味覚障害の診療を行なっている中川駅前歯科クリニックの二宮威重院長はこう話す。

「中耳炎や顔面神経麻痺、脳血管病変などが味を伝える神経に障害を与えたり、歯の金属の詰め物が原因で発症することもあります。

 中高年に多い生活習慣病が影響するケースもあり、糖尿病では合併症で神経障害を発症することによって味覚が鈍くなったり、高血圧だと塩味を感じにくくなったりする。腎臓病だとタンパク尿が出る際に、亜鉛も放出してしまうといったこともあります」

 加齢により食欲が減退することで症状が呼び起こされることもあるという。

「厚労省も高齢者の約3割が栄養不足だと指摘していますが、年を取ってあまり食べなければ栄養は不足し、味を感じるのに必要な亜鉛の摂取も減る。そこから味覚障害が進むことがあります」(同前)

 味がしないからといって食べないと、さらに味覚障害が進行していくという負のスパイラルである。だからこそ、二宮院長は亜鉛を積極的に摂取して予防に努めるべきだと指摘する。

「亜鉛の摂取量は通常は1日10mgで、治療の場合は1日20mgを目安としています。食事で摂る場合、加工食品に含まれる食品添加物には亜鉛の吸収を阻害するものがあるので、なるべく自然食品から亜鉛を摂取することです。亜鉛を多く含む食品の代表は牡蠣。大きな牡蠣なら一つで1日分の亜鉛を摂取できます。

 他にも、ココア、するめ、牛肉、たたみいわしなどがあります。高齢でも治療すれば、認知症などに起因する一部のケースを除いて味覚障害は治ります。亜鉛の多い食材を積極的に食べることが大切です」(二宮院長)

 味覚障害に詳しい東北大学大学院歯学研究科の笹野高嗣教授(口腔診断学)は、自覚症状の乏しい味覚障害を、自分で簡単にチェックする方法を伝授する。

「一般的なサイズのコップを用意して、10分間、自然な状態で唾液を垂らし続けます。コップの底から1mm以下しか溜まらなければ、口渇の状態で、味覚障害を起こしている可能性があります」

“ちょっと味を濃く”の前に、まずは自分の味覚が正常かを確かめたい。

※週刊ポスト2017年10月27日号