『キネコ国際映画祭2017』、横山だいすけが25周年スペシャル・サポーターに就任

写真拡大

 11月2日より開催される『キネコ国際映画祭2017』の25周年スペシャル・サポーターを横山だいすけが務めることが決定した。

(参考: 小野寺系の『メアリと魔女の花』評:“ジブリの精神”は本当に受け継がれたのか?

 本映画祭は、子どもたちが映画を通じて世界の芸術や文化に触れるきっかけを作ることを目的として1992年より開催されている子ども国際映画祭。 11月2日から11月6日に109シネマズ二子玉川とiTSCOM STUDIO & HALL二子玉川ライズを中心とした会場で開催される。

 ジェネラル・ディレクターの戸田恵子、プログラミング・ディレクターを務める中山秀征氏に加え、“だいすけお兄さん”の愛称を持つ横山が本映画祭に初参加となる。 横山は、映画祭の初日となる11月2日のオープニング・セレモニー に登場予定で、生吹替上映「ライブ・シネマ」にも出演を予定している。

(リアルサウンド編集部)