「ディセンダント2」に出演のダヴ・キャメロンとソフィア・カーソン(写真左から)へインタビュー!

写真拡大

10月21日(土)に放送されるディズニー・チャンネル・オリジナルムービー「ディセンダント2」(夜7:30、ディズニー・チャンネル)。その放送に先駆け、主人公のマルを演じるダヴ・キャメロンと、マルの親友であるイヴィを演じるソフィア・カーソンが初来日し、インタビューで作品の魅力について語った。

【写真を見る】2人はサービス精神がとっても旺盛! 撮影ではキュートな表情を次々と見せてくれた

本作は、ディズニー映画の悪役(ヴィランズ)の子どもたちの活躍を描いた人気シリーズの最新作。「ハイスクール・ミュージカル」「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」などで知られるケニー・オルテガが、前作に引き続き監督を務める。

――前作の「ディセンダント」も含め、お2人にとってこの作品はどういった存在ですか?

ダヴ・キャメロン(以下、ダヴ):この「ディセンダント」シリーズは、個人的に一番お気に入りの作品です。もちろん、これまでにも素晴らしい作品やキャスト・スタッフ陣と出会ってきており、甲乙つけがたいところはあります。ただ、この作品に関して言えば、私の演じるマルは個人的にとても大好きなキャラクターですし、ケニーやキャストの皆さんが本当に素晴らしいということもあり、とても気に入っています。

この作品は、私にとって“世界”です! まるで家族のような、我が家のような特別な作品ですし、できれば3作目、4作目と今後もずっと演じていきたいです。

ソフィア・カーソン(以下、ソフィア):「ディセンダント」は私が役者として初めて関わった作品で、夢がかなったという意味でとても大切なシリーズです。私にとってもまるでおとぎ話のようであり、イヴィ役として魔法のような体験をたくさんでき、この特別な作品に出会えたことに感謝しています。この作品でメキシコやパリ、そして今回の東京など世界中を旅することができ、現地の若い女の子たちに会えてとてもうれしいです。

私の演じるイヴィというキャラクターが多くの若い女の子たちに受け入れられ、そうなりたいと憧れを持ってもらえることは素敵だと思います。また、作品を通して「自分を愛すること」「自分らしく生きること」というメッセージを伝えられ、とても光栄に感じています。

――この作品に出演して何か変化したことはありますか?

ダヴ:もちろん、たくさんの変化がありました。これまでも他のテレビ番組や、ディズニー・チャンネルで「うわさのツインズ リブとマディ」という作品に出演し、今日もそれらを見てくれていた本当に多くのファンの方からすてきな情熱を感じました。けど、「―リブとマディ」と「ディセンダント」はストーリーやテーマも全く違うし、今作での体験はこれまでとは全く異なるものになりました。本作を通して役者としても成長できたり、自分の限界を知ったり、本作のテーマでもある「自分自身をより愛すること」もできました。というのも、自分ではない他人を演じることによって他人の身になれ、改めて本当の自分を理解することができたからです。

ソフィア:私にとって「ディセンダント」は人生を変えられた作品です。この作品に出会う前の私は普通の大学生で、「自分の夢をかなえたい」と思いながら、オーディションを受けたり誰も聞くことのないであろう音楽を書いていたりという日々を過ごしていました。でも、この「ディセンダント」にキャスティングされてからは、毎日夢を生きることができていて、他の作品への出演や自分の音楽をリリースするなど本当に多くのことを経験させてもらっています。人としても成長でき、自分自身について学ぶことができましたね。そして、これからも毎日努力していきたいです。

――長期にわたる撮影でのモチベーションの維持や、美容について気を付けている点があれば教えてください。

ダヴ:まずモチベーションについてですが、私はとにかく人が好きなんです。少し好き過ぎるかなと思うくらいで(笑)。役者としては自分の演じるキャラクターを愛することが大切だと思うのですが、このマルに関しては、本当に演じたいし自分がやらなければいけないとまで感じたキャラクターなんです。私自身、自分の演じるキャラクターに対してはまるで姉妹のような思いを抱いていますし、そんな彼女を紙の台本上から画面で表現させてあげることが私の義務だと思っています。

美容に関しては、特にこの作品ではワークアウトをよく行い、健康的な食生活を心掛けました。撮影でとてもエネルギーを消費しますので、スタイルだけでなく体力的にも維持できるようにと気を付けています。また、肌については仕事が終わったらすぐにメイクを取るようにしています。

ソフィア:この「ディセンダント」という作品に参加していて、モチベーションが落ちるわけがありません!(笑) 私が愛してやまない「歌うこと」「踊ること」「演技をすること」という要素を全て含んだ作品ですし、ケニーという素晴らしい人と仕事をできる機会でもあります。また、ディズニーの素晴らしいレガシーが詰まった作品に自分が参加できることに毎日本当に感謝していますので、撮影が長引いた時も「終わってほしくない」「まだまだやっていたい」という気持ちで臨んでいました。

美容についてですが、健康維持のためによく食べ水分も十分に取ってよく寝ています。もちろん運動もするのですが、この作品の撮影自体が肉体的にもハードなので、そこは撮影クルーの方々とうまく調整しています。

――前作に引き続き、「ディセンダント2」でもさまざまな衣装を着こなしているお2人ですが、ファッションのポイントやお気に入りの衣装を教えてください。

ダヴ:たくさんの衣装を着たので決めるのが難しいのですが、メインルックである、ロスト島に戻った時のレザージャケットの服装が一番いいかなと思います。前作でもジャケットの格好はありましたが、今作ではより複雑で細かいデザインになっています。私の体形や骨格に合わせてセンチ刻みで作られているものなので、まるでギブスを付けているようにぴったりなんです。また、ヒールがとても高いうえに重いので、あの重さを感じると「自分はマルになったんだな」という気持ちになっていました。

これはスタッフから聞いてとても驚いたのですが、ある1着のドレスにアメリカンフットボール場と同じ500ヤード分の長さの生地を使ったらしいんです。また、冒頭で着ている白いドレスもとても好きなのですが、とても高い生地で作られたらしく、その他も合わせるとマルの衣装費は作品全体の衣装費の4分の1を占めています。そういう意味でも、私はまるでバービー人形になった気分でした(笑)。

また、最後の場面で着た服装もお気に入りですね。詳しくは言えないのですが(笑)。

ソフィア:難しい質問ですね(笑)。私自身ファッションがとても大好きなので、いわゆるファッショニスタであるイヴィを演じられたのはとてもワクワクすることでした。2作目となる今作では、ケニーが私の個人的な趣味やスタイルをイヴィに取り入れて反映してくださっています。また、イヴィ自体も前作から成長してファッションも進化しています。どの服装も好きなのですが、その中でも私がお気に入りなのは、やはりロスト島に戻った際のファッションです。本作は強い女性を表現した作品で、主要キャラクターが全て女性です。特に「チリン・ライク・ア・ヴィラン」という歌をこの衣装を身にまとって踊ったとき、私も“戦争のお姫さま”な気分でした。その後の海賊との剣を使った戦いの場面もかっこよくできたと思っていて、印象深いシーンで着た衣装になっていますね。