コンビニレジでイラッとさせない! 電子マネーも万能ではない スムーズな支払い方法とは

写真拡大

コンビニなどで、前の人が支払いでもたついているとイラッとするといったことが話題となったが、混雑する支払いでは、電子マネーを使わないと「迷惑」とまで思う人も増えているようだ。

現在のコンビニなどでは、
・現金
・クレジットカード
・デビットカード
・電子マネー
など、さまざまな支払い方法が選択できる。

どのような支払い方法をするかは、支払う人の自由だ。
誰しもが新しい決済方法を使わなければいけないということはない。


とはいえ、時代とともに、好ましい支払い方法に対する意識も変わっていく。
スムーズで便利になるなら、時代にあわせたスムーズな支払いを行いたいものだ。

●現金での支払いは利用額を把握しやすいことが重要
少額の支払いでクレジットカードを利用する人は少なく、現金や電子マネーを利用する人が多い。

現金で支払う理由としては、使った金額を把握しやすいからだ。
現金を実際に受け渡しすることで、利用した金額と手持ちの残高を確認しやすく、使い過ぎや無駄遣いを意識しやすい。

また、電子マネーでの支払いが最速と感じる人も多いが、あらかじめ財布から小銭を取りだして用意すれば、現金での支払いであっても後ろで待っている人をイラつかせるほど待たせることはない。

素早く支払いを済ませられる。まだまだ現金派の人が多いのもそのためだろう。

●電子マネーは素早く支払えてポイントが貯まるのが魅力
支払いで時間をかけるより、スムーズにさっと支払えれば時間のムダもないし、気持ちもいい。

現在であれば、少額の支払いでは、やはりサッとかざすだけで決済が完了する電子マネーがスムーズな決済と言えるだろう。

また、電子マネーはポイントが貯まるメリットがあるのも大きい。
同じ金額を支払うなら、電子マネーを利用したほうがお得となる。

クレジットカード一体型の電子マネーの場合は、チャージによってクレジットカードのポイントが貯まるというのも嬉しいところだ。

なお、電子マネーといってもSuicaやPASMO、Edy、nanakoなど、種類が豊富だ。あれもこれも使うとポイントが分散してしまうので、1、2種類に絞るのがお勧めだ。

●電子マネーでもたつく?“ウッカリ”に注意
電子マネーの利用で注意をしたいのが、残高不足だ。

オートチャージされる設定をしているなら残金不足は発生しない。
しかし、毎回、手動で必要額をチャージしている場合は、チャージを忘れると残高不足となり、レジで決済できない、といった事態になる。

こうした事態になると、一旦チャージをしてから電子マネーで支払うことになるので、現金払いよりももたついてしまうこともある。

電子マネーといえども、残高を把握して使うことは現金同様なのだ。
スムーズに支払いができるように気を付けよう。