画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本マクドナルドは10月25日から11月下旬まで、「マックフルーリー パナップグレープ」(税込290円)を全国の「マクドナルド」店舗で期間限定販売する(一部店舗を除く)。同社と江崎グリコの人気商品「パナップ」の初コラボレーションとなった今回の商品。いったいどんな味なのか、ひと足先に食べてきた。

○パナップソースの華やかな味わいが広がる

同商品は、ソフトクリームに江崎グリコ監修のグレープソースとワッフルコーンを混ぜ合わせたスイーツ。門外不出としてきた「パナップ」のグレープソースを「マックフルーリー」に合うよう、アレンジを加えたという。

実際に商品を食べてみると、グレープの爽やかな甘味と酸味が口に広がる。「ああ、この味わいが好きだったなあ」と思い出させられた。冷凍庫から取り出して食べる「パナップ」と違い、ソフトクリームの柔らかく滑らかな食感と混ざっているのも新鮮だ。また、ワッフルコーンのサクサクした食感が加わることで、食べ進める楽しさもあった。

「パナップ」好きなら、新しい体験ができるであろう今回の新商品。子どものころはよく食べていたが、今はあまり食べなくなったという人は、このコラボレーションを機会に、「パナップ グレープ」のフレッシュな味わいを思い出してほしい。