20日付の北朝鮮の各紙は、韓国の文在寅政権を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「ホワイトハウスと国務省、国防総省の高位人物がこぞって戦争熱で熱くなって煩悶しているトランプの胴体を冷やしてやる消防隊員の役を演じるのに脂汗を流しているが唯一、子犬のような南朝鮮のかいらいだけが核ボタンをいじり回す狂人の行動を煽り立てている」と述べた。

つづけて、「あっけに取られるのは、上司にかくもこびへつらって救世主に仕えているが、娼婦のような取り扱いを受けているかいらいの哀れな境遇である」と嘲笑した。

また、韓国の文在寅大統領に対して「南朝鮮の執権者」としながら、「朝鮮半島の険悪な情勢の中で、いったい何が自分らの根本利益であり、自分らが最も願わないものが何か、血を分けた同族を敵視して大洋向こうの米国に寄生するということが地政学的から見ても、生理的見地から見ても果たして正しいのかを深く考えるべきであろう」と忠告した。

さらに、「われわれとしては米国にきつく洗脳されて独自の戦略的・政治的思惟能力が麻痺したかいらいが、奴隷的考え方の枠から解放されると期待するのはほとんど不可能なことと見なされる」と述べた。

その上で、「時代錯誤の『韓米同盟万能主義』を太平歌のように吟じるかいらいが非常に哀れである。狂人のトランプは米国を丸ごと抱いて災難へと疾走し、哀れなかいらいは死ぬことも知らずにその後を追っている」と主張した。