呪いのビデオが自ら進化し、“彼女”がついに姿を現す 『ザ・リング/リバース』予告編

写真拡大

 『リング』シリーズ3度目のハリウッド版リメイク作『ザ・リング/リバース』より、予告編が公開された。

動画はこちら

 本作は、作家・鈴木光司による『リング』を原作に、『アルマゲドン・パニック』のF・ハビエル・グティエレスが手がけたホラー映画。“呪いのビデオ”を見てしまった主人公ジュリアが、ビデオのルーツを辿り、呪いを解き明かすべく奔走する模様を描く。

 このたび公開された予告編は、主人公ジュリアが、「必ず7日後に死ぬ」と言われる呪いのビデオを見てしまうシーンから始まる。連鎖する死の運命を断ち切るべく、呪いの謎を解き明かそうとするジュリアは、ひとりの少女の過去へと辿り着く。一方、呪いのビデオは自ら進化。死から逃れる唯一の手段であるコピーすらなぜか無効になってしまう。そんな中、電源コードが抜かれ、床に倒されたテレビの下から、画面を持ち上げた“彼女”がついに姿を現す。そして、飛行機のモニターに次々と映し出される“呪いのビデオ”、急降下する機体、もはや逃げ場のない密室でパニックに陥る機内、断末魔の叫び。テレビ、パソコン、スマホ……あらゆるデバイスを駆使して呪いが増殖する様が収められている。(リアルサウンド編集部)