スティーヴ・アオキ、出演フェスで故チェスター・ベニントンを追悼

写真拡大

 リンキン・パークのフロントマン、チェスター・ベニントンが他界してから3か月経つが、彼の同志であった数々ミュージシャンたちの追悼によって、各地のスタジアムやフェス会場から彼の歌声が消えることはない。

 故チェスターのコラボレーターで友人の一人であるアオキは、自身のアルバム『ネオン・フューチャーIII』収録の「ダーカー・ザン・ブラッド」、リンキン・パークによるリミックス・アルバム『リチャージド』収録の「ア・ライト・ザット・ネヴァー・カムズ」で故チェスターとタッグを組んでいる。

 現地時間2017年10月19日、ルーマニアで行われた音楽フェス【Untold Festival】でアオキがこの2曲をマッシュアップしたライブ映像をリンキン・パークが自身のSNSにシェアした。映像には、故チェスターの歌声に合わせて踊る数千人の観客が捉えられており、曲の途中でアオキは「この場でチェスターのことを想ってくれ」、「リンキン・パークに大きな声援を送ってくれ。みんな叫んで」と観客に語りかけている。

 アオキは以前、この2曲をマッシュアップした「ダーカー・ザン・ザ・ライト・ザット・ネヴァー・ブリーズ(チェスター・フォーエヴァー・スティーヴ・アオキ・リミックス)」の音源を公開しており、収益はバンドが設立したチャリティ団体、ミュージック・フォー・リリーフへ寄付すると発表していた。


◎Steve Aoki - Tribute to Chester Bennington (Untold festival 2017)
https://youtu.be/8dR7399EORA