保育士に聞く!子どもの「やってみたい!」を引き出す保育の秘策

写真拡大

仕事と子育ての両立をサポートする保育施設として注目されている「めばえ保育ルーム三鷹台」。独自の保育法によって、子どもが自ら積極的に「やってみたい!」といろんな経験をしたがるようになるのだそうです。

えっ!それホント?ママたちが驚いた「保育園の常識」5選

保育士さんたちはどんな風に子どもと関わっているのか、探ってみました。

内閣府も視察に訪れる「めばえ保育ルーム三鷹台」って?

いま、政府は待機児童問題の深刻化から、対策の一環として「企業主導型保育事業」を行っています。企業が保育園を設置・運営する場合に費用が助成されます。

企業主導型の保育園の特長としては、親が仕事と子育てを両立しやすいよう、例えば「延長保育、夜間や土日の保育、短時間・週2日のみの利用」などの柔軟な保育サービスを行っているところにあります。

その企業主導型保育事業の好例として注目されている保育園の一つが、東京都三鷹市にある「めばえ保育ルーム三鷹台」です。婚活支援などを行う株式会社パートナーエージェントが設置・運営している保育園です。

2017年7月26日には加藤内閣府特命担当大臣(当時)が視察に訪れ、園の様子を見学し、園児たちと交流するなどして実態を把握したそうです。

働く親に嬉しい制度と頼れる保育士

めばえ保育ルーム三鷹台には、働く両親にとってメリットのある、次のような特長があります。

保育時間が月曜日〜土曜日の7:30〜20:30と長め。保育料は一般的な認可・認証保育園と同程度かそれ以下。

また、制度だけでなく保育士にも特長があります。

保護者との意思疎通や情報交換がしっかりできるように、全員コーチングスキルの研修を受けていたり、保育士が保育そのものに専念できるようアナログな業務をIT化したり、保育士が撮影した画像を、保護者がスマホの写真共有アプリで確認できるようにしたりと、時代に合わせたサービスを展開しています。

「脳の発達」を意識して子どもと接する

そして気になるのが保育の仕方。めばえ保育ルームでは「子どもの脳の発達を意識した接し方・関わり方」を実践しているのだそうです。その具体的な方法をめばえ保育ルーム三鷹台の平澤園長に尋ねてみました。

平澤園長(以下、平澤)「人の発達には順番というものがあります。例えば寝返りを打つという行動一つをとってもある日突然、運動機能が発達してできるようになるのではなく、すべてはまず脳の発達が先にあります。脳の発達の過程で無数の神経回路が形成され、神経や筋肉が連動して初めてできるようになるのです。

めばえ保育ルームでは、この脳の発達を意識し、目の前のお子様を見ながら今どのような刺激があれば次の発達につながるのかを考えます。握ることなのか、つまむことなのか、引っ張ることなのかなど、どんな活動を取り入れていけば成長が促されるのかということを考えながら環境を整えています」

一人ひとりの成長段階に応じた玩具を用意

めばえ保育ルームの公式サイトには「成長段階に合わせた多彩な遊びを、楽しい気持ちで経験できるよう保育士が促す」と掲げられています。具体的にどのような遊びを、どのように促しているのでしょうか。

平澤「赤ちゃんの成長は、環境やその子自身の気質、体格などによって、速度やプロセスは多少異なってきます。

めばえ保育ルームでは、例えば、ものを握れるようになったお子様には“握って穴にくるみを落とし出し入れできる玩具”、ちょっとつまんで隙間に何かを入れることが好きな子には、“チップ落としの玩具”、指先の力がついてきた子には、“指先でハンカチをつまんで引っ張り出す玩具”など、一人ひとりのお子様の成長段階を把握するということを心がけ、その段階で必要な遊びを用意しています。

しかし主体はあくまでもお子様自身。必ずしも用意したもので遊ばせるということではなく、自分自身で選択して遊べるような環境を作り、一緒に遊びを楽しむということを心がけています」

めばえ保育ルームにはどんな子どもが多い?

脳の発達に即した接し方を続けるめばえ保育ルーム三鷹台には、実際どんな子どもが多いのでしょうか。

平澤「めばえのお子様は0〜2歳が主ですが、自ら積極的に何でも『やってみたい!』『こうしたい』など、しっかりと自分の意思を表現できる子や、お友達が今どうしているかということを気にかけてあげられる心を持っている子が多いなと感じます。

それは日頃の遊びの中で、保育士が必ずお子様の意思を尊重しているということの表れなのではないかと思っております。

また、握る力や歩くといった体力もしっかりついているように感じます。それぞれのお子様がのびのびと過ごす中で、必要な運動発達を促していく環境づくりの重要性を実感しています。今後もよりお子様に寄り添える保育を考えていきたいです」

発達の面も体力の面も元気いっぱいの子どもが育つ保育術。ぜひ参考にしたいですね。

■取材協力
めばえ保育ルーム(運営会社 株式会社パートナーエージェント)