お風呂のザラザラ鏡に困ったらあの果物の出番です!

写真拡大 (全17枚)

白いウロコみたいな水アカでくもってしまったお風呂の鏡。これ、あるものを使うとゴシゴシこすらなくても溶けるように取れちゃうんです。こすらないから、傷もつきません!


ガンコな鏡のウロコを
やわらかく溶かすレモン


お風呂の鏡をくもらせるガビガビの白い汚れ。こすっても簡単には落ちなくて、かなりやっかいです。もはや諦めた、なんて方もいるかもしれません。でも諦めるのはまだ早い! この汚れ、キレイさっぱり落とせちゃうんです! しかも、専用の洗剤を用意する必要もありません。使うのはこちら。



はい、レモン汁です。ふだん冷蔵庫に入っているもので大丈夫。なぜレモン汁なのかというと……。



鏡の水アカは、水道水のカルキの成分が結晶化したもので、アルカリ性。これに対し、酸性であるレモン汁が汚れを分解して、やわらかくしてくれるというわけです。

それでは、詳細なそうじ方法をご紹介していきたいと思います。


【鏡そうじ方法】レモン汁
パックで汚れをやわらかくする


レモン汁の酸をしっかり汚れに浸透させるために有効なのは、パック。ペーパーとラップを使ってレモン汁を鏡に密着させます。ではさっそくはじめていきましょう。



[Before]ウロコ状の汚れでザラザラの表面になっています。これじゃよく見えません。



[手順 レモン汁に浸したキッチンペーパーを鏡全体に貼り、より密着させるため上からラップをします。10分ほど放置すれば、汚れがやわらかくなります。



[手順◆10分放置後、メラミンスポンジに歯磨き粉をつけて磨きます。磨く際は、傷つかないようにクルクルなでるように優しく! その後シャワーで流しましょう。

あまりに年季の入った汚れで、落ちない場合はダイヤモンドパフを使うのもアリです。キャンドゥで売ってます。



キャンドゥ
ダイヤモンドパフ
購入価格:108円



ダイヤモンドパフを使う場合は、鏡の表面を削りすぎないように注意してください。



[After]そうじ後の鏡です。ツルツルピカピカになり、こんなにクリアに!



[予防法]ツルツルピカピカをキープするには、お風呂上がりのから拭き。ちょっと手間ですが、水道水のカルキをしっかり拭き取れば汚れもつきにくくなります。

今回はもうひとつ、鏡と同じように水アカ汚れがつきやすい「シャワーヘッド」のそうじ方法もご紹介したいと思います。


【シャワーそうじ方法】クエン酸
パックで水の出もよくなります


鏡と同様、水アカによる汚れがたまりやすいシャワー。ひどくなると、水の出まで悪くなってしまいます。そんな時はクエン酸。クエン酸パックで水アカを溶かせば、するんと落ちてくれます。



クエン酸も水アカを分解してくれるスグレモノです。



[Before]カピカピの水アカがびっしりついたシャワーヘッド。



[手順 お湯にクエン酸を入れたら、よくかき混ぜ溶かします。その中にティッシュをひたしましょう。



[手順◆クエン酸に浸したティッシュ3枚を重ねて包み、30分ほど放置します。



[After]ツヤツヤの地が見えるようになりました。出もよくなりそう!

キレイになった後は、汚れを予防することもお忘れなく。



使うものは、お風呂そうじの定番、バスマジックリンです。



[予防法]気づいたときにマジックリンをシュッとしておくと、汚れを防ぐことができます。シャワー穴の中にも吹きかけましょう。その後よ〜く流してくださいね。

以上、お風呂の水アカ汚れのそうじ方法についてご紹介しました。鏡もシャワーもツルツルだとお風呂タイムも楽しくなるはず。ぜひお試しください!



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。