現在J1の8位につけているヴィッセル神戸【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

J1トップハーフの順位でシーズンを終えたのは2回

 ルーカス・ポドルスキを獲得するなど、大きな期待を集めていたヴィッセル神戸。だが元ドイツ代表FWが加入後も調子は上がらずチームは監督交代を経験した。Jリーグは多くのチームに優勝のチャンス、降格のリスクがあるリーグであるが、関西に拠点を置くこのクラブは、有力な選手を揃えながらも中庸を体現する存在であり続けている。(取材・文:ショーン・キャロル、翻訳:フットボールチャンネル編集部)

----------

 Jリーグはしばしば、予測不可能で魅力的な勝負が繰り広げられるリーグとして称賛される。トップリーグのほぼ全てのチームに王者となるチャンスがあるが、逆に降格してしまう危険性もあるリーグだ。

 日本にプロサッカーが導入されてからの24年間で、9つの異なるクラブがリーグタイトルを獲得してきた。一方、創設時の10チームのうち一度も降格を経験していないのは横浜F・マリノスと鹿島アントラーズのみ。8度のリーグ優勝(近々9度になりそうだ)を誇る鹿島は、圧倒的に最も成功を収めてきたクラブだと言えるだろう。

 だが、そのオープンな戦いの中でも、ヴィッセル神戸は中庸を体現する存在であり続けてきた。

 1997年にトップリーグへの初昇格を果たして以来、関西に拠点を置くこのクラブがJ1の上半分の順位でシーズンを終えられたのはわずか2回。2011年の9位と2016年の総合7位のみだ。昨年は2008年以来初めてプラスの得失点差で1年間を戦い終えることができた。

 Jリーグクラブとして20年を過ごしてきた中で2度の降格を味わっているが、2度とも1年でJ1に復帰。その翌年にはすぐに普段通りの平凡な順位を取り戻し、それぞれ10位と11位で昇格1年目のシーズンを終えている。

 昨年は最後の10試合で8勝を挙げつつわずか1敗のみという快進撃でシーズンを締めくくり、浦和レッズとわずか6ポイント差のセカンドステージ2位に入ることができた。今年こそは、過去数年間の補強に見合うような本格的なタイトルへの挑戦をついに実行に移す準備が整うかと思われた。

今季はスタートダッシュに成功したかと思われたが…

 2017シーズンの開幕を前にして、ルーカス・ポドルスキの獲得の噂(最終的には夏にガラタサライからの加入が実現)もネルシーニョ監督のチームへの期待を強めていた。開幕からの4試合に勝利を収め、その期待が正しかったことが証明されるかに見えた。

 だがエイプリルフールの浦和レッズ戦に1-3の敗戦を喫したことでその勢いはストップ。その後の17試合ではわずか5勝しか挙げられず10敗を重ねることになった。8月13日のFC東京とのアウェイゲームに0-1で敗れたあと、ネルシーニョ監督は解任された。

 そこからはやや持ち直し、後任の吉田孝行監督のもとでは7試合で1敗のみ。先週末の浦和戦に引き分けたことでリーグ戦5試合連続無敗となった。この5試合を通してほとんど先発メンバーは入れ替わっておらず、先週土曜日などの2試合で大森晃太郎が田中順也に代わって先発しただけだ。

 それでも最終成績は、やはりいつも通りのものとなりそうだ。昨季のヴィッセルは29試合を終えた時点で勝ち点43を獲得して総合9位。12勝10敗、得点45、失点39という成績だった。今年は29試合を終えて勝ち点41で8位。12勝と12敗を記録し、得点も失点も33点。白星と黒星も、得点と失点も拮抗した数字で中位に位置している。まさに平均的なチームだ。

 レッズと1-1で引き分けた試合も神戸らしく平凡なものだった。ボール保持率(54%)やパス数(638本対562本)では相手をやや上回ったとはいえ、AFCチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグの上海上港戦を控える相手を本格的に脅かすことはできず、シュート数は浦和の15本に対してわずか7本。枠内シュートはそのうち4本だった。

ヴィッセルにつきまとってきた「もっとやれる」という言葉

 実際のところ、得点力が今季のチームにとって大きな課題となっている。今季の全29試合で記録した得点数は、昨年のセカンドステージ17試合での得点数と同じだ。

 ポドルスキを獲得しながらもその現状である。デビュー戦となった7月29日の大宮アルディージャ戦で2ゴールを挙げたポドルスキだが、その後はわずか2点を加えたのみであり、不満を募らせている様子がたびたび話題となっている。

 ドイツのレジェンドに対してはやはり、チームの鍵となるクリエーターの役割が課されている。埼玉での試合では、彼が主に位置取っていた右サイドから神戸のチャンスの半数近くが生まれていた。

 元アーセナルの32歳は、浦和の主力FW興梠慎三と同じような位置取りで、10.38kmという走行距離も興梠の10.4kmとほぼ同じ。パス数では63対17と興梠を4倍近く上回っていたが、それでも決定的な貢献をすることはできなかった。チームメートたちは、W杯王者でもあるポドルスキと波長を合わせるのに苦戦しているように見えることも多かった。

「もっと良い戦いができると思う。浦和にも他のチームにも勝つことはできる」とポドルスキは試合後に話していた。

「だが忘れてはならないのは、これで(天皇杯も含めて)6試合か7試合負けていないということだ。神戸は今のJリーグの中で調子の良いチームだと思う。周囲が考えているように何もかもが悪いという状況じゃない」

 確かにその通りではあるだろう。だが、「もっとやれる」という言葉は長年にわたってヴィッセルにつきまとってきた。オーナーの楽天が世界的なスポーツ市場へと本格的に重点を移しつつある中、神戸にはすぐにでもタイトル獲得を実現させることが必要だ。だが今季はまたしても不毛な1年だったとして片付けられることになるだろう。

(取材・文:ショーン・キャロル、翻訳:フットボールチャンネル編集部)

text by ショーン・キャロル