画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニットコムは20日、iiyama PCブランドの「SENSE∞」より、RAW現像や写真編集などに適した17.3型/15.6型ノートPCを販売開始した。BTOカスタマイズに対応し、価格は税別94,980円から。

17.3型モデル「SENSE-17FH053-i7-HNFS-DevelopRAW」の基本構成は、CPUがIntel Core i7-7700HQ(2.80GHz)、チップセットがMobile Intel HM175、メモリが8GB PC4-19200(8GB×1)、グラフィックスがIntel HD Graphics 630(CPU内臓)、ストレージが240GB SSD、ディスプレイが17.3型液晶(1,920×1,080ドット)、光学ドライブが非搭載、OSがWindows 10 Home 64bitなど。

バッテリ駆動時間は約4.5時間。通信インタフェースはギガビット準拠の有線LAN、IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2を備える。本体サイズは約W418.5×D289×H36mm、重量は約2.73kg。この構成で税別価格が94,980円。

15.6型モデル「SENSE-15QX093-i7-RNRVI-DevelopRAW」の基本構成は、CPUがIntel Core i7-7700HQ(2.80GHz)、チップセットがMobile Intel HM175、メモリが16GB PC4-19200(8GB×2)、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB、ストレージが250GB M.2 SSD + 1TB HDD、液晶が15.6型(3,840×2,160ドット)、光学ドライブが非搭載、OSがWindows 10 Home 64bitなど。

バッテリ駆動時間は約4.7時間。通信インタフェースはギガビット準拠の有線LAN、IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠の無線LAN(2×2)、Bluetooth 4.2を備える。本体サイズはW385×D272×H31mmで、重量が約2.84kg。税別価格が199,980円。