北朝鮮、豪議会などに書簡 「米国からの核戦争の脅しには屈せず」

写真拡大

[シドニー 20日 ロイター] - 北朝鮮がオーストラリア議会などに書簡を送り、核保有国であることを強調するとともに、トランプ米大統領の脅しに屈しない姿勢を示していたことが分かった。

20日の豪紙シドニー・モーニング・ヘラルド(SMH)が掲載した9月28日付の書簡の写しによると、北朝鮮は「核保有国である朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)を、核戦争の脅しによって屈服させることができるとトランプ氏が考えているとしたら、大きな計算違いであり、無知の表れだ」と指摘した。

また「トランプ氏はDPRKを完全に破壊すると脅したが、これは全世界の破壊を警告する過激な脅迫行為だ」とも主張。

「独立と平和、正義を愛する国」は「世界を核の大惨事に陥れようとしているトランプ政権の凶悪で無責任な行動を強く警戒」すべきだと訴えた。

豪外務省報道官は、SMHが掲載した書簡の写しが本物であることを確認した。

書簡は「各国議会への公開書簡」と題され、インドネシアのジャカルタにある北朝鮮大使館から同市のオーストラリア大使館などに送られた。書簡が送られた他の国は明らかでない。

ビショップ豪外相は記者会見で、北朝鮮がこのような形で各国にメッセージを送るのは異例だとし、外交・経済面で各国が協力して圧力を加える戦略が奏功していることの表れだとの見方を示した。