羽生結弦【写真:Getty Images】

写真拡大

GPシリーズ初戦ロシア大会の開会レセプションをISUが公開…

 フィギュアスケートの2017-18年シーズンのグランプリ(GP)シリーズは20日、ロシア大会(ロステレコム杯)で開幕する。大会開幕に先立ち、オープニングレセプションが開催。世界王者の羽生結弦(ANA)ら参加した豪華な様子を国際スケート連盟(ISU)が公式インスタグラムを動画で公開。ファンに反響を呼んでいる。

 豪華絢爛な面々が一堂に会した。GPシリーズ初戦、ロシア大会の開幕に先立ち、オープニングレセプションに集結。ISUは「シーズン最初のフィギュアグランプリ、ロステレコム杯の開会レセプション」と公式インスタグラムに紹介し、動画で模様の一部を紹介している。

 選手、関係者らがズラリと集まった立食形式のパーティー。関係者の挨拶中に参加者の様子を収めるように撮られ、その中にはチームの黒のジャージ姿で参加した羽生の姿も。開幕を前に華やかな宴の様子が伝わってくる。コメント欄では羽生を中心に多くのファンから激励のコメントが相次ぎ、反響を呼んでいた。

 羽生にとってロシア大会はシーズン2戦目。初戦のオータムクラシックではSPで世界歴代最高得点を叩き出した一方、フリーでは右膝違和感の影響もあり、ミスが出て2位に終わった。4回転ルッツの挑戦も注目される今大会。ネイサン・チェン(米国)らライバルとの戦いから平昌五輪の連覇へ向け、弾みをつけられるだろうか。