いたずら電話を連発する「クソリプおじさん」がウザすぎる!

写真拡大 (全2枚)

今回お話をうかがったのは、サンミュージック所属のお笑いコンビ「ミライパレード」の齋藤さん。コールセンターで垣間見た「日本の闇」とは!?

「私、通販番組の注文を受けるコールセンターのバイトを夜勤でやっているんですよ。でも、いたずら電話が結構かかってくるんです。『今、俺が何してるか分かる? ハァ、ハァ、ハァ……』みたいなことを言ってくる人が本当にいるんです。そういう人は男性のスタッフが電話に出たらガチャっと切るんですよ。それで、女の人が出るまで何回もかけてくるんです。いちばん腹が立つのが、夜中じゃなくて朝方の5時とか6時にかけてくるヤツがいて、『こんな朝早くから何してるんだよ! そんなに電話がしたいなら、私の代わりに働いてくれよ!』と思っちゃいますね。

あと、ああいうコールセンターって、いろいろな会社からの電話を同時に受け付けていたりするんです。だから、別々の会社宛てに同じ変な人がかけてきたりすることがあるんです。たぶんテレビを見ていて、フリーダイヤルがあったら片っ端からメモしてかけてきているんですよ。マジで代わりに働いてほしいですよ」