人気シリーズになっている『売れっ子ハンドメイド作家になる本』(著たかはしあや/ソシム刊)

写真拡大

「ハンドメイド」の市場が急速に拡大しつつある。洋服やアクセサリー、家具など手作りの商品をスマホアプリで売買するもので、市場規模は約200億円。なかには月間の売り上げが500万円を超える“人気作家”もいるという。どんな人が稼いでいるのか。当事者たちに話を聞いた――。

■アプリの普及で「趣味」から「稼げる」へ

「ハンドメイド」市場が盛り上がっている。「ハンドメイド」とは和裁、洋裁から編み物やビーズ細工、家具製作やお菓子作りにいたるまで、手作りをする趣味およびその作品を指す。この趣味に親しむ人の大半が女性であるため、男性にはなじみが薄いかもしれない。実は、年々市場規模が拡大の一途を辿っているのだ。「日本ホビー白書2016年版」によれば、ハンドメイドの中でも代表的な「和洋裁」、アクセサリー製作含む「工芸」、「手芸」「DIY(日曜大工)」をあわせた15年の市場規模は、4175億円にものぼる。

筆者にとってハンドメイドといえば、「既製品ではない自分らしさ」「手作りで安心」など、「ほっこり」「ていねいな暮らし」といったイメージだった。だが市場の盛り上がりにより、明確に「売れる」「稼げる」という状態になりつつある。

なぜ市場が急拡大しているのか。背景にはスマホアプリの普及がある。スマホアプリを使って、個人間取引(CtoC)が容易になり、ハンドメイド商品の扱いが爆発的に増えた。

前出の「ホビー白書2016」によれば、ECサイトにおけるハンドメイド商品の流通金額は右肩上がりに増えており、14年には35億円だったものが、15年は72億円、16年は192億円(見込み)と「倍々ゲーム」の様相を呈している。

■書店には「売り方指南本」が並ぶ

書店の手芸コーナーでも、ハンドメイドの解説本だけでなく、『売れっ子ハンドメイド作家になる本』(たかはしあや/ソシム刊)、『売れるハンドメイド作家の教科書』(中尾亜由美/二見書房)、『高くても売れる! ハンドメイド作家 ブランド作りの教科書』(マツドアケミ/同文館出版)といったタイトルの書籍が並んでいる。

ハンドメイドを専門にしたECサイトの起源は、2005年にニューヨーク・ブルックリンでスタートした「エッツィー(Etsy)」 (https://www.etsy.com/jp/)にある。14年に売上高1億9560万ドルに到達し、15年にはNASDAQ上場を果たした。

一方、日本では、2010年に赤丸ホールディングス(現クリーマ)が「クリーマ(Creema)」をスタート。翌年に博報堂子会社のiichi(現Pinkoi Japan)が「イイチ(iichi)を始め、12年にはGMOペパボが「ミンネ(minne)」を開始している。

 

この大手3サービスのうち、ユーザー数、登録作家数ともにトップを走るのがミンネだ。2017年8月時点でアプリダウンロード数は800万件、登録作家数は37万人以上、2016年の年間流通総額は83.9億円となっている。ファンの熱量も高く、今年4月に開催された即売イベント「minneのハンドメイドマーケット2017」では、2日間で約5万2000人が会場を訪れた。

GMOペパボの社員としてミンネを立ち上げたミンネ事業部部長の阿部雅幸氏は、「なかには月の売り上げが500万円にのぼる人気作家さんもいます」と言う。

そして阿部氏は、後発のミンネが勝ち上がった理由について、こう分析する。

「当時のハンドメイド系のECサイトは、ナチュラル系のデザインが中心で、“手芸寄り”の雰囲気が強かったんです。しかし、それではユーザーを絞ってしまうので、ミンネはセレクトショップで商品を選ぶ時のようにワクワクできるデザインを目指しました。また、操作性にもこだわり、ネット初心者の方でも簡単に作品販売をはじめることができる使いやすさを目指しました」

■敷居が下がった分、売れずに悩む人も

ミンネの存在が知られるようになったことで、ハンドメイドの売買に参加する敷居は下がった。スター作家も誕生している。しかしユーザーが増えればおのずと競争は激しくなる。商品をつくっても「売れない」人が増えてくる。

そうした悩みを持つユーザーのために、講座も開催されている。8〜9月に行われた「minneで簡単! 小さな人気店のはじめかた・つくりかた」(「神保町大学」主催/全3回)に、足を運んでみた。

全3回の講師をつとめるのは前出のGMOペパボ株式会社の阿部雅幸氏、デザイン事務所「リドルデザインバンク」代表の塚本太朗氏の2人。各回にゲストスピーカーが参加する形式で、3回目には「ミンネ」内の人気作家「andcompany」の大沢慶久氏が登壇した。

受講者は女性を中心に、20代から50代まで幅広い。話を聞いてみると、「娘にすすめられて、趣味の洋裁を出品している」という主婦から、「自分が一時期暮らしたアフリカの文化をアクセサリーにして発信したい」という会社員女性、「愛犬家仲間のために犬用の家具をつくっている」という女性まで、ハンドメイドへの動機はさまざまだった。

講座では、かなり具体的なノウハウが紹介されていた。たとえば「どんな商品写真を掲載するかが売れ方にかかわる」という話では、「部屋の照明は使わない。昼間の自然光を使うと色味が伝わりやすくなる」「100円均一の商品で撮影キットをつくる」といった内容を、実際の写真を交えながら解説していく。ほかにも「こまめに商品をアップしつづける」「タイトルの付け方を工夫する」「作品の値段は安くしすぎない」といったアドバイスが行われていた。

人気作家の大沢氏は、ミンネに登録して約2年ほど。現在は、ハンドメイド一本で収入を得ている。ただし、自身のハンドメイドブランドが軌道に乗りだすまで、登録から半年ほどかかったという。

大沢氏は講座内で、「ハンドメイド作家にもいろいろなタイプの方がいますが、自分は『作家』というよりも『メーカー』感覚を持つことが大事だと思っています」と語っていた。

「『ハンドメイド』というと『手作業』というイメージがありますが、人気になるには数をこなす必要もあります。そこで注文が殺到して寝る暇もなくなってしまった時期に、効率化を考えて思い切って数十万の業務用機材を購入しました。今は企画から製造・販促・発送まで行う小さな製造メーカー感覚でものづくりしています」(大沢氏)

■商品名を変えてから一気にヒット

同時にもうひとつ重要なのが、「伝える工夫」だという。

「『andcompany』の革小物『「スイカ」が入るメロン』も、もともとは別の商品名でした。この名前にしてから一気に購入者が増え、テレビに取り上げられることも増えました。作っているもののクオリティと、キャッチコピーのクオリティは別物です。作家は前者ばかり重視してしまいますが、後者も重視しないとECサイトでは売れません。販売者がたくさんいる中で抜きん出るには、見せ方や打ち出し方を工夫するしかありません」(大沢氏)

本気で売るための努力や工夫を日々しなければ、ハンドメイドで「稼ぐ」ことは難しくなっている。「副業で簡単なアクセサリーを作って一攫千金」などと夢見られるような、ぬるい世界ではないのだ。誰でも簡単に「作家」になれるからこそ、本気度が試される市場になってきていることは間違いない。

(ライター 藤谷 千明)