今から10年前の10月24日――。埼玉スタジアム2002で見た光景は、今でも脳裏を離れない。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝の第2戦。アウェーでの第1戦を2-2で引き分けていた浦和レッズは、5万人を超える大観衆が詰めかけたホームスタジアムで第2戦を迎えていた。


突破力のあるフッキ(中央)を2人がかりで抑える浦和ディフェンス

 対戦相手は韓国の城南一和。Kリーグ王者との戦いだった。

 試合は21分にワシントンのゴールで先制したが、後半立ち上がりに同点ゴールを許すと、69分に逆転弾を浴びてしまう。しかしその4分後、長谷部誠が起死回生の同点ゴールを叩き込む。2戦合計4-4で迎えた延長戦でも決着はつかず、勝負はPK戦へともつれ込んだ。

 PK戦が始まる直前だった。浦和サポーターがフラッグを携えてゴール裏に集結。相手のキックの際にはブーイングとともに、その旗を激しく振ってプレッシャーをかける。すると、2人目のキックを守護神の都築龍太が見事にストップ。浦和は全員が成功し、5人目のキッカー平川忠亮がネットを揺らすと、埼スタはまさに歓喜の坩堝(るつぼ)と化した。

 ワシントン、ポンテ、田中マルクス闘莉王、長谷部……。当時の浦和はまさに史上最強の陣容を築いていた。この日の戦いでもあっさりと相手ゴールを陥落させ、逆転されてもすぐさま同点に追いつく逞(たくま)しさを示した。終始、自分たちのペースで戦い、相手を力づくでも押さえ込んでしまう迫力が備わっていた。加えて、ゴール裏からの驚異的な圧力。城南一和のPK失敗は、大旗から発せられた逆風がシュートの威力を弱めたことが原因のではないかと思えた。

 浦和はその勢いを駆って、決勝でもセパハン(イラン)を下してアジアの頂点に立った。しかし、個人的にはタイトルを掴んだ決勝よりも、すべての人たちが一致団結した、この準決勝・第2戦の戦いこそがもっとも印象に残っている。

 あれから10年、浦和はふたたびアジアのファイナルに駒を進めるチャンスを得た。相手は爆買い中国を象徴する上海上港。FWフッキ、FWオスカルというブラジル代表を擁し、圧倒的な個の力を武器にここまで勝ち上がってきた。

 アウェーでの第1戦を1-1の引き分けに持ち込んでいた浦和は、0-0でも勝ち進める立場にあった。12分、FWラファエル・シルバのゴールで先制すると、さらに優位な状況を手にする。しかし、ここからが苦難の連続だった。

「守るだけだったね」

 MF柏木陽介は、疲労の滲(にじ)んだ表情でそう振り返る。

 1点を追いかける上海上港の圧力を受け、浦和はまさに防戦一方に陥った。とりわけ脅威だったのは、やはりフッキだった。明らかに他の選手とは異なる肉体をまとったこのブラジル人ストライカーは、迫力満点の突破と強烈なフリーキックで浦和ゴールに襲いかかる。

 ただし、浦和もフッキに好き勝手やらせていたわけではない。立ちはだかったのはDF槙野智章だ。

「第1戦では食いつきすぎて入れ代わってしまう場面もあったし、彼にゴールも奪われた。だけど、それがいいシミュレーションになった。今日は自由にさせまいと心掛けてやっていたし、イエローカードをもらったけど、そこで引いてしまうのではなく、ボールを奪う守備を意識して最後までプレーしました」

 槙野の厳しいチャージを受け、フッキは明らかにいらだっていた。強引に仕掛け、ボールを奪われる機会が目立ち、槙野を避けるように中盤に下がるシーンも増えていった。

 槙野だけではない。この日の浦和は、まさに全員が「勇敢な守備者」だった。FW武藤雄輝とラファエル・シルバの両サイドハーフは、最終ラインの位置まで戻って、両サイドバックとともに相手の突破を2人がかりで食い止める。柏木とMF長澤和輝のインサイドハーフは、交互に前線の位置にまで顔を出し、まるでFWのようにハイプレッシャーをかけ続けた。最前線のFW興梠慎三もプレスを実践しつつ、時に自陣エリア近くまで戻って身体を張る場面もあった。

「まあ、今日は守備だったね。こうなるとうちのよさは100のうち20くらいしか出ない。ただ、チームとして組織的な守備ができたのはよかった。もう徹底してやるだけだった」

 攻撃面に特長のある柏木とすれば、満足のいくパフォーマンスを示せたわけではない。しかし、疲労感のなかにも「やるべきことをやり遂げた」という充実感がうかがえた。

 守備意識を保ち続けた浦和は、押し込まれながらも決定的な場面を招かなかった。唯一のピンチは78分、フッキの強烈なシュートをGK西川周作がセーブするも、こぼれ球に反応したFWエウケソンにふたたびシュートを打たれたシーン。しかし、西川が身体を張ってこれをストップし、最大の危機を免れたのだった。

「試合前から、無失点で終われれば勝ち上がれると、シンプルに考えていた。相手の強力なFW陣に対して、どこまで守れるかをチャレンジしたかった。全員で厳しくいけていたと思うし、ボールは持たれていたけど、怖さというのはみんなが消してくれていた」

 殊勲の守護神は、チーム全員の勝利だと胸を張った。

 アジアでも最高レベルの攻撃力を誇る上海上港に対し、「取られても取り返す」サッカーが身上だった浦和が1-0で勝利するとは、数ヵ月前には思いもよらなかっただろう。

 ポゼッションスタイルを築いたミハイロ・ペトロヴィッチ監督が退任し、堀孝史監督が率いるようになってからわずか2ヵ月半、浦和はその姿を大きく変えている。

 10年前のような個の力はないかもしれない。相手を圧倒する迫力も備わってはいないだろう。しかし、今の浦和は安定した守備組織を備えた「大人のチーム」へと生まれ変わりつつある。泥臭く、逞しく、浦和レッズが10年ぶりのアジア制覇に、あと一歩に迫った。

■Jリーグ 記事一覧>>