10月15日は「世界手洗いの日」(depositphotos.com)

写真拡大

 10月15日は「世界手洗いの日」。国際衛生年だった2008年に制定され、毎年この日には世界100カ国以上で「正しい手洗い」を学ぶ様々なイベントが開催されている。

 いうまでもなく、手を洗うことは感染症を予防する一番の方法だ。今年(2017年)は7月後半からRSウイルス感染症が流行しており、また、これから冬に向かってインフルエンザやノロウイルスなども懸念される。

 この機会に改めて手洗いについて考えてみたい。

「正しい手洗い」とは?

 単に手洗いといっても、個人個人でやり方が違うことだろう。「正しい手洗いの仕方」とは、どんなものか?

 厚生労働省がインフルエンザ対策としてサイト内で公開している「正しい手の洗い方」を見てみよう(参考:政府広報オンライン「マメに正しい手の洗い方」)。

 ここでは、「爪は短く切る」「時計や指輪は外す」としたうえで、「[水で手を濡らす」「∪个韻鵑鬚弔韻銅蠅鮴う」「十分に水で流す」「だ況蕕淵織ルやペーパータオルで水気を拭き、乾かす」の手順が示されている。

 △寮个韻鵑農う際には、洗い残しがないよう、手のひら→手の甲→指先・爪の先→指の間→親指の付け根→手首と、非常に念入りだ。ここまでやれば除菌効果は間違いなさそうだが、実際のところはどうだろうか?

トイレに行っても約1割が手を洗っていない

 2017年9月、シャボン玉石けん株式会社が、子どもを持つ男女を対象に手洗いの調査を行った。

 これによると、「石けんを使って手洗いをする子ども」は全体で76%だったが、「食事の前」では44%、「トイレの後」では36%、「おやつの前」では25%と、水だけで手洗いをしている子どもが多いことがわかる。

 また、「1日の中で必ず手を洗うタイミング」についての問いで、「食事の前」と回答したのが47%と、2人に1人が食事の前に手を洗っていないことが判明している。

 子どもだけではない。2015年の消費者庁による実態調査では、16〜65歳の男女で、「食事前に手を洗う」のは52.6%と約5割に留まり、トイレ後については、「小便の後のみ手を洗わない」「大便の後のみ手を洗わない」「大便・小便ともに手を洗わない」の3つの回答をあわせると15.4%と、約1割が手を洗っていないという驚きの結果もでている。

 昨今は雑菌の温床としてスマホが取り沙汰されるなど、外出や食事に関わらず手が汚れる機会は多い。そんななか、手洗いをしない、または水だけで済ませている実態は、「正しい手洗い」には程遠い。

手を洗いすぎるのも考えもの

 手を洗うことが感染症対策で有効なことは周知の事実だ。多くの感染症は、手を介して体内に侵入することが多い。石けんをつけて手を洗うことで、手についたウイルスや菌が物理的に除去できるため、手洗いが推奨されるわけだ。

 食中毒予防の観点からも、丁寧な手洗い、十分な乾燥、アルコールによる消毒が効果ありとされている(参考:日本食品衛生協会「手洗いマニュアル」)

 とはいえ、洗い過ぎは禁物だ。手をはじめとして、人間の皮膚には「常在菌」と呼ばれる菌が存在する。常在菌は、感染症を引き起こす菌(「通過菌」)の増殖を抑えたり、微生物の皮膚への侵入を防ぐ役割をもっている。

 手を洗うと通過菌とともに常在菌も除去されるが、完全にいなくなるわけではない。常在菌は表皮だけでなく毛穴にも住んでおり、手洗いによって表皮の菌が少なくなると毛穴から出てきて、皮膚を守るのだ。

 しかし、過度に手を洗うと、この常在菌までも少なくなり、皮膚が乾燥して肌が荒れてくる。荒れた皮膚は通過菌を留めてしまい、かえって感染症のリスクが高まってしまう。つまり、意識のしすぎも、逆効果になる。

実行可能な「適度な手洗い」とは?

 正しい手洗いの仕方はわかった。洗い過ぎも良くない。かといって、理想の手洗いを毎回しなくてはならないとなると、それがいかに感染予防に効果的とわかっていてもハードルが高い......というのが大抵の人の本音ではないだろうか。

 実際のところ、手洗いは、その時々でやり方が変わる。家の中、トイレの洗面所、外出先。石けんやタオルの有無、時間的余裕などの条件がついてまわるから、いつでも正しい洗い方ができるわけではない。それでも感染リスクを下げようとするならば、タイミングを決め、習慣化していくしかない。

 「世界手洗いの日」のサイト(http://handwashing.jp/)では、こんなときに手を洗おうと言っている。

○家に帰ったとき
○トイレあと
○動物や昆虫にさわったあと
○ご飯を作る前
○食事をする前

 これらのタイミングを外さないよう動線を決める。石けんやタオルを置いて、設備を整える。手触りがいいタオルに変えてみたり、手をかざしただけで泡が出てくるハンドソープ機を使ってみたりして、手洗いが楽しくなるよう工夫する。

 できる範囲で<手洗い>のハードルを下げて、とにかく「続けていくこと」が肝要だ。
(文=編集部)