恋人がいない人がよく口にする「出会いがない」というセリフ。とはいえ世の中には「マッチングサービス」「出会い系アプリ」といった便利なツールや、「相席居酒屋」のような出会いの場もたくさんあります。にもかかわらず、それでもなお「出会いがない」と感じるのは、一体何が原因なのでしょうか?

マッチングサービスを利用する95.9%の人は、恋人との出会いに困難を感じる

恋愛マッチングサービス「Omiai」では、登録ユーザーを対象に「結婚意向と出会い」についての調査をしています。もちろんマッチングサービスは立派な出会いのためのツールですが、それを使っている人は、恋愛における出会いについて、どう考えているのでしょうか?まずは「恋愛対象となる相手との出会いは簡単だと思いますか?」とユーザーに質問しています。

恋愛対象となる相手との出会いは簡単だと思いますか?

簡単に出会えると思う……3.5%

努力をすれば出会えると思う……35.0%

なかなか出会えないと思う……60.9%

その他……0.6%

圧倒的に多いのは「なかなか出会えないと思う」という答え。次に続くのは「努力をすれば出会えると思う」で、この2つをあわせると95.9%とほとんどが占めます。どちらにしても簡単に出会いがあると思っている人はほとんどいません。

なぜ恋愛対象の人と出会うのは、それほど難しいことなのでしょうか? 極論ですが、道を歩けば男性も女性も同じように歩いているわけで、その気になればいくらでも出会えるキッカケはあるはず。そういった意味で「ナンパ」は非常に理にかなった出会いの方法ですが、コミュニケーション下手な人が増えている昨今、それができる人も限られているでしょう。

出会いがないのは自分に自信がない「自己肯定感」の低さが問題?

同調査では、前述の調査結果で「努力をすれば出会えると思う」「なかなか出会えないと思う」と回答した人を対象に、恋愛対象の人との出会いが簡単ではない理由を尋ねています。

なかなか出会えないと思う理由

1位 日常生活で機会がないから……67.6%

2位 自分の外見に自信がないから……44.9%

3位 仕事が忙しく、時間がないから……36.1%

4位 恋愛経験が少ないから……31.5%

5位 自分の性格に自信がないから……25.5%

6位 相手に対する理想が高いから……24.9%

7位 恋愛に対する苦い経験があるから……24.4%

8位 自分の社会的地位に自信がないから……18.6%

圧倒的に多かったのは「日常生活で機会がないから」。しかしよく考えてみると、この理由はかなり漠然としています。日常生活を送っていることで、なぜ出会いの機会がないのでしょうか?会社にも学校にも属しておらず、そもそも人と出会わない?それとも会社である程度の異性と接点はあるけれど、その人たちは恋愛対象ではない?

自己肯定感が低く自分に自信が持てない人は、いくら周囲に出会いがあっても活かせないのかもしれません。

一方、そのほかの理由はかなり明確です。「自分の外見に自信がないから」「自分の性格に自信がないから」「社会的地位に自信がないから」は、自分自身のコンプレックスによる自信のなさ。「相手に対する理想が高いから」「恋愛経験が少ないから」「恋愛に対する苦い経験があるから」も恋愛に対する自分自身の問題です。そして「仕事が忙しく、時間がないから」も自分の問題。つまりみんな「自分のせい」だと思っているのです。

そう考えると本当に恋人と出会えるために大事なのは、自分に自信を持つ「自己肯定感」なのかもしれません。

【調査概要】
・調査概要  :株式会社ネットマーケティング
・調査地域  :全国
・有効回答数 :男女1,017人
・調査期間  :2017年9月29日〜10月2日