液晶テレビではボヤッとしていたスーファミやPS2をクリアな画質で楽しめます!

写真拡大 (全6枚)

ニンテンドーミニシリーズの大人気で、にわかに脚光を浴びているのがレトロゲーム機。押入れに眠っていたゲーム機を引っ張り出して遊んでみたら、ボヤけて色が滲んだゲーム画面に映像にビックリされたという方も多いのでは? 昔はこうだったよなぁと懐かしむのもアリですが、やっぱりゲームをやるなら、くっきりした映像やキャラを見ながらプレイしたいですよね。

そんなかつてのゲーマーたちにオススメしたいのが、サンコーから発売されている「RGB21-HDMI変換アダプタ」。その名の通り、RGB21ピンケーブルからの映像をHDMI出力に変換するアダプタです。

RGB21ピンケーブルは90年代に一世を風靡した家庭用ゲーム機(スーパーファミコンやセガサターン、初代プレイステーションなど)で採用されていたもので、鮮明な画像を表示できるのが特長です。しかし、現在ではケーブルを接続できるモニター類がほとんどないため、使用は実質不可能となっています。

この問題を解消したのが「RGB21-HDMI変換アダプタ」。使用しているモニターやテレビに本機を介してHDMIケーブルで接続することで、RGB21ピンケーブルによる鮮明なゲーム映像と音声を楽しめるようになります。

画面比率が4:3になっているゲームでも、両サイドに黒縁が入ってそのままの比率で表示。設定を切り替えてフルスクリーンにするなど、計5つの表示設定から好みの画面を選択できます。

現在発売されているラインナップは、RGB21-HDMI変換アダプタ単品(価格:4980円)、変換アダプタ+RGB21ピンケーブルセット(5980円)、RGB21ピンケーブル単品(1980円)。

対応ゲーム機はスーパーファミコン、セガサターン、プレイステーション1&2の計4種類です。高解像度&大画面でプレイすれば、遊び尽くしたはずのオールドゲームも新鮮な気分で楽しめそうですね。なお、これらの機種以外のRGB21ピンケーブル対応機(メガドライブ、ドリームキャスト、Xboxなど)は、現時点では動作未確認となっていますのでご注意を。

>> サンコー「RGB21-HDMI変換アダプタ」

 

(文/&GP編集部)