フォルクスワーゲン・ゴルフをベースに仕立てられたPHEV(プラグインハイブリッド)モデル「ゴルフGTE」の最新モデルが10月19日に発表、受注が開始されました。

新型ゴルフGTEも新たに発表されたe-ゴルフと同様、モジュラープラットフォームの「MQB」を使用。

ガソリン直噴ターボの1.4L TSIエンジンと強力な電気モーターを統合したPHEV システムを採用し、充電は200Vの普通充電に対応。駆動用リチウムイオンバッテリーの容量は8.7kWhで、EV走行可能距離は45.0km/L(JC08モード)となっています。

エンジンとモーターのスペックは、TSIエンジンの最大出力が110kW(150ps)、最大トルクは250Nmで、モーターは80kW(109ps)。

組み合わされるトランスミッションは、デュアルクラッチトランスミッションの6速DSGで、ハイブリッド燃費(JC08モード)は19.9km/Lです。

走行モードは「EV」モードをはじめ、走りと最適な燃費を両立する「ハイブリッド」、駆動用バッテリー充電量を一定に保つために再充電しながら走行する「バッテリーホールド」、駆動用バッテリーを優先的に充電する走行モードの「バッテリーチャージ」、そしてゴルフGTEの特徴である「GTE」モードも引き続き用意。

「GTE」モードは、アクセル反応や変速ポイント、ステアリングのアシスト量がスポーティになり、TSIエンジンと電気モーターが同時に作動して、システム最大出力を発生するモードです。そのほか、ベースのゴルフと同様にコネクティビティや運転支援を含めた最新の安全装備を用意。

外観では、ゴルフGTファミリーである証として、ゴルフGTIと同形状のフロントバンパーのほか、「e-Mobility」ファミリーであることを示すC字型のLEDランプが装着されているのが特徴。さらに、「e-Mobility」シリーズのイメージカラーであるブルーの挿し色を入れるなど、エコを主張するコーディネイトが施されています。新型ゴルフGTEの価格は469万円で、CEV補助金は20万円です。

(塚田勝弘)

【新車】「e-ゴルフ」の新登場に加えてPHEVの「ゴルフGTE」もマイナーチェンジ。「GTE」モードも引き続き装備(http://clicccar.com/2017/10/20/522534/)