ももクロ百田夏菜子と山寺宏一がデュエット 『映画かいけつゾロリ ZZのひみつ』主題歌を担当

写真拡大

 11月25日に公開される『映画かいけつゾロリ ZZのひみつ』の主題歌を、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)と山寺宏一がデュエットで担当することが明らかになった。

参考:実写版『亜人』はなぜ“原作とは異なる展開”で成功した? アクション映画としての潔さを考察

 本作は、累計発行部数3,500万部を超える児童書シリーズ「かいけつゾロリ」の第5作目となる劇場映画。過去にタイムスリップをしたゾロリが、若き母親ゾロリーヌと出会い、原作でも語られることのなかったゾロリ誕生の秘密に迫る。今回、ゲスト声優としてゾロリーヌを演じる百田は、ソロ主題歌にも初挑戦。いたずらの天才ゾロリを演じる山寺宏一とタッグを組み、作曲は田中公平、作詞は原作者の原ゆたかが担当する。

 レコーディングを終えた百田は、「普段は自分として歌っているけれど、今回は役として歌うのも初。正直どうすればいいかわからなかったけど、山寺さんの声が先に入っていたので全身を預ける感じでした。男の人の声が耳から聞こえるって今までないので、それが新鮮で、ハモった瞬間が楽しい!って思えた。ゾロリに寄り添うように。声でも優しいママを出せたらと思って歌いました」とコメント。

 一方の山寺は「楽しいって言ってもらえて良かった、違和感でしかないって言われたらどうしようかと思った(笑)。夏菜子ちゃんの声は特別な波動でてるよね。みんなを笑顔にする、顔だけじゃなく声も。(声で波動だすのは)野沢雅子さんくらいしか知らなかったけど。やっぱりそういうことか! なんか出ているんだ、みんなを明るく楽しくさせる波動が。ゾロリはとにかくママが大好き。そのママとデュエット、特別な思いがあります。歌詞がすごい音楽もすごい。僕、アニメで主人公と主題歌の両方担当しているのは、唯一「ゾロリ」だけなんです。TVシリーズの最初から主題歌を歌っていますが、ゾロリは名曲ゾロリ。幸せです」と語っている。

(リアルサウンド編集部)