仕事柄、筆者は取材や打ち合わせなどでノートPCを開いてメモを取ることが多いのですが、場合によってはそれを嫌がる相手がいるのも確か。

商社に勤めているというある『Twitter』ユーザーが、商談の際にPCでメモを取っていて上司に怒られたエピソードをツイートして話題になっています。

客先との面談中にPCでメモとってたら、上司に怒られた。

お客さん目の前にしてキーボードカタカタ打ってんじゃねーよ、と。

手帳にメモるのと何が違うのかね。

てか、貴方毎回議事書かないから、言った言わないでモメて、今現在も数百万損失出してるのに、どの口が言うんです?

このツイート主によると、その理由は「お客さんの気分を害する」。これには「そんなこと言う人がまだいるのか」「手書きだと二度手間になる」という感想があった一方で、「自分の業界だとPCを広げていたら出禁になる」という声も。また、「キーボードをカタカタ打つ音がイライラする」「手元が見えないのが嫌ということもある」という人も一定数見られました。

それならばボイスレコーダーで録音を、という代替案がありますが、それも嫌がる人もいる模様。

打合せで同じことして怒られた。
「パソコンで本当に議事録書いてるかわからないだろ?」
って理由で。
おー、なるほどと思って
「ではボイスレコーダーで。」
って言ったら
「俺らが嘘つくとでも思ってんのかこの野郎!!」
って怒られた

また、「商談なら相手のことを考えることでメモを取ることではない」といった意見や「PCでメモ取りますとひと言断ればいいだけ」という声もありました。いずれにしても、PCを使うことに抵抗がある世代とのジェネレーションギャップがまだ残っているといえるのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/TKTKfactory/status/919496168228274177 [リンク]

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』