横浜FMに所属するウーゴ・ヴィエイラ【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 J1リーグの横浜F・マリノスが19日、チームに所属するポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラが一時帰国すると発表した。

 クラブの発表によると、14日の大宮アルディージャ戦で負傷し、右膝の負傷部位の検査および治療のため19日の午前中に一時帰国したという。再来日の日程に関しては決まり次第お知らせするとのこと。

 今年初めにセルビア1部のレッドスター・ベオグラードから横浜FMに加入したウーゴは、リーグ戦25試合に出場し10得点決めていた。ルヴァンカップでは5試合出場で3得点を記録している。

 キャプテンの齋藤学が負傷により8ヶ月の長期離脱を余儀なくされている現在、ウーゴはチームに欠かせない選手となった。負傷状況に関してはまだ明らかにされていないものの、長期離脱となれば横浜FMにとって大きな痛手となるだろう。

text by 編集部