「ワインは官能だ!」という勝山氏

写真拡大

 日本でワイン造りが始まって今年で140年。国産ブドウ100%の日本ワインや後述するナチュラルワインの人気も相まって、2015年のワイン消費量は過去最高の37万トンを突破、第7次ワインブームといわれている。

 今や日本の食文化に欠かせないワインの世界に、40年前に飛び込み、“日本一のワインの目利き”と呼ばれる人物がいる。東京・六本木の老舗ワインバー「祥瑞(しょんずい)」のオーナーにしてワイン商の勝山晋作(62)である。

 勝山のワインとの出会いは、大学卒業後に入社した東京・広尾の「ナショナル麻布スーパーマーケット」だった。

「配属されたのは酒類販売部でした。近くにドイツやフランスの大使館があって、外国人客が多かった。週末ともなれば8割近くが外国人でしたから、日本人客の中には『ここは治外法権? パスポートいるんですか?』と聞く人もいたくらいです(笑い)」(勝山氏)

 店の客はワインを飲み慣れている外国人が多く、彼らに安くて美味しいワインを売ることが勝山の仕事のひとつだった。

 だが、当時の勝山はワインについて何も知らなかった。そこで、イギリス人の書いた分厚いワインの専門書を辞書片手に原書で読み、1冊丸暗記するなど、文字通り“ワイン漬け”の日々を送ることになった。

 その甲斐あって「ワインのことは勝山に聞け」と評判になり、注文が殺到。ほどなくして企業からも声がかかるようになり、億単位の商談を次々と決めていった。

 だが、順風満帆であっても勝山の視線はその先にあった。ワインを自ら輸入したいという思いが芽生え、ワインの輸入会社に転職。さらに、自分が輸入したワインを自分の店で客に楽しんでもらいたいと思うようになった。こうして1993年に生まれたのが「祥瑞」だった。

「当時はボルドーやブルゴーニュのワインが人気の主流でしたが、私はフランス南西部のロワールや南部のローヌなど、マイナーなエリアのワインを中心に揃えたかった。加えて意識したのは、『造り手の顔が見えるワイン』。ワイン造りの根幹をなす生産者を大切にしたかったんです」(勝山氏)

「祥瑞」には世界を目指す若きソムリエたちが夜ごと集まり、店内のワイン棚を覗き込んだ。そこはまさにワイン界の梁山泊だった。

 さらに1998年には、東京・銀座に赤ワインと短角牛の赤身肉ステーキを組み合わせたレストラン「グレープ・ガンボ」をオープンする。その後惜しまれつつも閉店することになるが、ワイン同様、料理の味も評判を呼び、「美味いものは勝山に聞け」と喧伝されるようになった。

 しかし、勝山の真骨頂はやはりワインだ。知る人ぞ知るのが、近年人気の「ナチュラルワイン」をいち早く広めたことである。

 フランス語で「ヴァン・ナチュール」と呼ばれるこのワインは、文字通りできるだけ自然の状態で造り出す。一般的に、ワインは味や香りをコントロールするために酸化防止剤や砂糖などを加えるが、ナチュラルワインはそうしたものを極力使わない。

「1990年に初めて飲んだ1本が、魂が震えるほど美味かった。ボジョレのマルセル・ラピエールというすばらしい醸造家が造ったモルゴンで、色は淡いのですが香りが華やかで色っぽくて、味わいが濃厚だった。この土地のブドウであるガメイ種の魅力が存分に発揮され、自然のエネルギーに満ち溢れていました。

 でも、単に自然に造ったワインだからいいんだという“理屈”で飲むものではないと思っています。ワインは考えて飲むものじゃなく、味や香り、色気を感じるもの。まさにワインは官能なんです」(勝山氏)

■取材・文/土田美登世、撮影/内海裕之

※週刊ポスト2017年10月27日号