2018年1月クール放送「BG〜身辺警護人〜(仮)」では木村拓哉がボディーガードを演じる/(C)テレビ朝日

写真拡大

テレビ朝日系では、木村拓哉が主演を務めるオリジナルドラマ「BG〜身辺警護人〜(仮)」(2018年1月スタート、毎週木曜夜9:00-9:54)の放送が決定。木村は、武器なしの丸腰で命の盾となるボディーガードを演じる。

【写真を見る】2017年1月クールの「A LIFE」(TBS系)で共演した浅野忠信は、「(木村拓哉は)同じ男として嫉妬してしまうほどの魅力」と語る

脚本は、ドラマ「緊急取調室」シリーズ(2014年ほかテレビ朝日系)、「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」(2014年フジ系)、「GOOD LUCK!!」(2003年TBS系)などを手掛けた井上由美子が担当。木村とは、「エンジン」(2005年フジ系)以来、13年ぶりにタッグを組む。

“民間ボディーガード”という特殊な立場の人々を題材に、警視庁のSPや一癖も二癖もある警備対象者たちなど、さまざまな人々の思惑が交錯する濃密な人間ドラマで、完全オリジナル作品となっている。民間ボディーガードとは、あくまで民間人のため、SPのように拳銃や殺傷能力の高い武器を持つことはできない。丸腰で依頼者の命の盾となり、常に危険と隣り合わせの“究極のサービス業”だ。

ボディーガード役は初めてという木村が演じるのは、過去の出来事をきっかけにボディーガードの世界から身を引いていた島崎章(しまざきあきら)。民間警備会社に身辺警護課が新設されることを機に、これまでのキャリアを隠したまま、ボディーガードへの復帰を決意する。章はボディーガードの仲間たちと警備対象者を徹底的に守るべく奮闘し、警視庁のSPとは激しく対立することも。

さらに、私生活では中学生の息子とふたり暮らし。だが、息子の思春期も伴ってかいまいち円滑なコミュニケーションは取れていない。そんな章の熱く、泥くさく、めまぐるしい日々を、社会派人間ドラマとして描いていく。章を取り巻く仲間たちや、ボディーガードと激しく対立する警視庁のSPなど個性豊かなキャラクターを演じる役者陣も、近日発表される予定だ。

今回、初めてボディーガードを演じる木村は「最初にこのドラマのお話を聞いたとき、“ボディーガード”という職業をテーマに選んでくれたことに感謝したい、と思いました。そこを描こうというジャッジをしたプロデューサー、脚本の井上由美子さんにびっくりしたというか、『なるほど、そうきたか!』という意外性がありました」と新鮮さを感じているよう。

また、ボディーガードの印象については、「僕自身も仕事柄、ボディーガードの方々のお世話になることがあるのですが、彼らがいてくださるというだけで安心感がすごいです。でも実際には何事も起きたりはせずに、その日の任務を終えて『では、これで失礼します』と言って帰っていかれる。もちろんボディーガードという職務にとっては、何も起きないことが100点満点ではあると思うのですが、このリアリティーをドラマでどのように描いていくのか…。ドラマですので、毎回何も起きずに終わるわけはなく、そこはしっかりとスリリングに描いていきたいですよね(笑)」と、改めて決意を明かす。

最後に、「ボディーガードは普通に暮らしている人たちには遠い存在かもしれませんが、決して特別な存在ではないということを、この作品、そして島崎章という男を通して皆さんに伝えられたらうれしいです」とアピールした。