「アグリパーク伊勢原 八幡谷戸ふれあいガーデン」。収穫体験+BBQ道具レンタルが1人2500円、 肉など食材付きは4500円

写真拡大

紅葉が美しい絶景スポットを紹介する本シリーズ。今回取り上げるのは、神奈川県伊勢原市にある雨降山「大山寺」と周辺スポットだ。お寺がある伊勢原市大山エリアは歴史ある名店が多く、名産グルメはお寺の修験者たちとの関わりが深いきゃらぶきや豆腐など。おいしいものをいただきながら散策を楽しめる大山巡り。ここでは、選りすぐりの5スポットをご紹介!

「御坊料理 東学坊」の日帰り湯付き昼食・小町膳2500円(12:00〜15:00)。お風呂と料理で旅の疲れを癒そう

■ 遊べる農園で収穫体験&老舗旅館で豆腐懐石ランチ

旅の始まりは、遊べる農園として人気のスポット「アグリパーク伊勢原 八幡谷戸ふれあいガーデン」へ。ここでは、有機無農薬野菜の収穫体験やBBQ、ヤギとの触れ合い、提携の天然温泉などを楽しもう。収穫体験で採った野菜は、その場でBBQ料理に!秋はサツマイモやサトイモが旬だ。土日祝は予約を。

ランチは、雨降山 大山寺近くまで移動して、創業400年以上の老舗旅館でちょっと贅沢に。「御坊料理 東学坊」は大山の宿坊として創業し、現在は食事のみでも利用できる。こちらの自慢は、自家製豆腐の料理。旬素材を使った懐石は、味はもちろん見た目の美しさもウリだ。

■ 大山名産のお買物&名寺で天空紅葉狩り

豆腐料理で感激したあとは、やっぱり豆腐を買いたい!ということで、大山寺近くの旧参道沿いにある豆腐店「大山綜合食品」へ。ここでは、近くの丹沢山系から流れる美しい水と、上質な国産大豆、本にがりを使って豆腐を作っている。大豆のまろやかな甘味と香りが印象的だ。大豆ハンバーグなど関連商品も試したい。

もう一つの大山名産、きゃらぶきもぜひ買っておきたいおみやげのひとつ。おすすめのお店は同じ旧参道沿いにある「米屋きゃらぶき本舗」だ。江戸(安永年間)から長く人々に親しまれているこちらのきゃらぶきは、木桶仕込み天然醸造の国産丸大豆醤油で煮上げている。醤油名匠の受賞店なので、醤油の深い味わいと上品なほろ苦さ、歯応えのよさが印象的。

そして、旅の締めくくりは、いよいよ「雨降山 大山寺」の紅葉観賞へ。こちらのお寺の特徴は、本堂前にある長い石段。両端にはモミジなどの木々が並び、秋には真っ赤に染まる。昼間の景色も素晴らしいが、圧巻はライトアップされた夕方以降の紅葉。石段の頂上から見下ろすと、美しく照らし出された木々の間に伊勢原の街が広がり、天空で優雅に紅葉狩りをしている気分に!

「秋Walker首都圏版2017」では、紅葉絶景スポットを数多くご紹介!ぜひチェックして、とっておきの秋の休日を過ごそう。【東京ウォーカー編集部】