【詳細】上白石萌歌コメント動画はこちら

世代を超えて愛され続けている青春小説の名作『時をかける少女』(筒井康隆 著)の続編『続・時をかける少女』が、主演に上白石萌歌、脚本・演出にSFコメディの旗手ヨーロッパ企画・上田 誠という布陣で、初舞台化されることが決定した。

1972年に筒井康隆 著『時をかける少女』のドラマ化作品としてNHK『タイム・トラベラー』が好評を博し、その続編として筒井康隆の原作から離れ、脚本家・石山 透が『続・タイム・トラベラー』を創作しドラマ化。その後、そのドラマの脚本が『続・時をかける少女』として書籍化されていたが、今回、45年の“時をかけて”初の舞台化が実現する。

本舞台の主演を務めるのは、第7回『東宝シンデレラ』オーディションのグランプリでデビューを果たし、2017 年にミュージカル『魔女の宅急便』で主演を務め、その後、舞台『星の王子様』に出演。また、現在放送中のCM“キリン 午後の紅茶”では澄んだ歌声を披露し話題の、女優・上白石萌歌。『時をかける少女』から月日が経ち、再び時空を超え、未来からきた青年に恋をする女子高生の芳山和子役を演じる。

今回、主演を務めるにあたり、上白石は「現役で制服が着られる最後の年に、この作品に出会えたことをとてもうれしく思います。高校生である今だけの自分の感性を頼りに、和子と共に思い切り駆け抜けたいと思います!」と本舞台への意気込みをコメント。

脚本と演出を務めるのは、『来てけつかるべき新世界』にて第61回岸田國士戯曲賞を受賞し、映画・ドラマの脚本、テレビやラジオの企画構成も手がける、劇団ヨーロッパ企画の上田 誠が担当。上田は本作の舞台化について「数年前、『時かけ』に“続”があると知ったときはひっくり返りそうになりました。読むと、ラベンダーの香りを残して未来へと去っていったケン・ソゴルが、堂々とまた帰ってきて和子に迷惑をかけまくっていました。そしてまた記憶を消す消さない言っているという。それが夫婦漫才のようで、これをコメディにできないかと思い立ちました」と語っている。

『続・時をかける少女』ティザーチラシビジュアルと共に、女子高生タイム・トラベラー、芳山和子役を演じる上白石萌歌のセーラー服姿も初解禁。現役高校生の上白石が、等身大の“『時かけ』少女”を演じる。

公演は、2018年2月7日〜14日、東京グローブ座にて。その後、地方公演も予定されている。

■上白石萌歌 コメント

多くの方に愛され、わたしも大好きな作品である『時をかける少女』に続編があるということを、お話をいただいてから初めて知りました。すぐに原作を読みましたが、非現実的な世界と日常との間で揺れる和子の姿に、思わず背中を押してあげたくなりました。この世界観が舞台上でどのように広がっていくのか、今から胸が高鳴ります。

上田さんのことは、事務所の先輩である長澤まさみさん主演の映画『曲がれ!スプーン』で存じ上げていました。独創性溢れる演出とユニークな仕掛けにいつも驚かされます! エチュードを交えながら稽古を進めていくスタイルは、後にも先にもないと思うので、存分に鍛えていただきたいです!(笑)

現役で制服が着られる最後の年に、この作品に出会えたことをとてもうれしく思います。高校生である今だけの自分の感性を頼りに、和子と共に思い切り駆け抜けたいと思います!

■上田 誠 コメント

数年前、『時かけ』に“続”があると知ったときはひっくり返りそうになりました。読むと、ラベンダーの香りを残して未来へと去っていったケン・ソゴルが、堂々とまた帰ってきて和子に迷惑をかけまくっていました。そしてまた記憶を消す消さない言っているという。それが夫婦漫才のようで、これをコメディにできないかと思い立ちました。萌歌さん、ケン・ソゴルをよろしくお願いします。何も覚えていないと思いますが、あのとき、たしかに恋に落ちていたのですよ。



舞台情報



オールナイトニッポン50周年記念公演『続・時をかける少女』

2018年02/07(水)〜02/14(水) 東京グローブ座 ※計10公演予定

脚本・演出:上田 誠(ヨーロッパ企画)

原作:「続・時をかける少女」 [復刊ドットコム 著者:石山 透]

出演:上白石萌歌 ほか

公式サイト

http://event.1242.com/special/zokutokikake/