驚愕のスペックを身にまとう!ARC’TERYXの最新ジャケット

写真拡大 (全7枚)

冷え込む日が続き、ジャケットを探している方も多いのではないでしょうか。寒さ対策の大本命はやっぱりアウトドアブランド。アルパインクライマーからの信頼も厚いARC’TERYX(アークテリクス)の新作は最新技術を搭載した驚愕のスペック。抜群の保温性と疎水性で、過酷な環境にも耐えうる高機能ジャケットです。

▲「ALPHA IS JACKET」

ARC’TERYXといえば、超高所や岸壁に挑むアルパインクライマーや、氷壁を登るアイスクラマー達も愛用するアウトドアブランド。新作ジャケット「ALPHA IS JACKET」(メンズ12万4200円 レディス10万8000円)は最新技術を余すところなく生かした“完全疎水性”が特徴です。

▲ Black(Men)

表生地には防水性と軽量性に優れた2層構造の「N40p-X GORE-TEX 2L」を採用。また、中綿に主に採用しているのはオリジナルの「Therma Tex」。継ぎ目のないフィラメント合成繊維で、軽い上に高い断熱性と保温性を誇り、優れた撥水機能も備えています。さらにオリジナル機能中綿「Coreloft」を男女それぞれ保温に重要な箇所に用いていますから、まさに向かうところ敵なし。体熱をうばうヒートロスを軽減し、快適に行動できます。

▲Magma (Women)

一方、フットワーク重視なら新作フリース「ACTO FL JACKET」(メンズ展開のみ4万1040円)がオススメ。表地にオリジナルの新素材「AERIUS Grid Loft」を採用し、さらに耐久撥水加工を施しています。また、裏地には吸湿性と保温性に優れたグリッドバッカーフリースをラミネートしており、熱がこもるのを防ぎつつ、一方で汗を拡散。

▲「ACTO FL JACKET」

フィット感に優れ、関節部分には柔軟性があるため、アウトドアスポーツにはもちろんアウターの下の着用にもぴったりです。さらにフード部には軽量生地「Tyon 30」を用いており、形状にも工夫を凝らしているので、ヘルメット着用時にも快適なんだとか。これはライダーには嬉しいですよね。

▲Pilot

▲ Cardinal

このほか、衣服内に熱や湿気がこもりにくく、ほどよい保温性のある「PROTON」シリーズも新作にラインアップ。本格的な冬が到来しても、この最強ウェアがあれば心強い! 寒冷地への出張にも役立ちそうです。

>> ARC’TERYX

 

(文/&GP編集部)