往年の名曲を惜しげもなく披露し、健在ぶりを見せつけたKICK THE CAN CREW(Photo by 岸田哲平)/(C)SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017

写真拡大

8月25日〜27日の3日間、山梨・山中湖交流プラザ きららにて開催された野外ロックフェスティバル「SWEET LOVE SHOWER 2017」。8月26日に行われた二日目前半の模様をリポートする。

【写真を見る】水曜日のカンパネラ・コムアイは、「マッドマックス」風の山車(?)に乗ってステージに乱入!(Photo by 岸田哲平)/(C)SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017

■ 10FEET

LAKESIDE STAGE、2日目のトップバッターは10-FEET。多くの観客が彼らのタオルを掲げて待ちわびる中、3人はドラムセットの前で拳を合わせ、TAKUMA(Vo/Gt)の「ありがとうございました! 10-FEET、本日最後の曲です! 最後まで楽しんでってください!」という言葉から「CHERRY BLOSSOM」へ。

サビでは「桜舞う」という歌詞に合わせてタオルが舞う美しい光景が巻き起こる中、TAKUMAは「ありがとうございました! また会いましょう!」とライブを終わらせようとする。もちろん観客は黙っておらず、すぐにアンコールが湧き起こる。

TAKUMAは「すいません、じゃあ1曲だけアンコールやらせてもらいます!」と宣言した後、なぜか投げキッスを連発して笑わせる。「river」ではコール&レスポンスを展開するなど、観客との一体感を生み出していく。

MCでは、「おまえらひょうきん過ぎる今日は。2曲やっただけなのにもう靴3つも飛んできたわ。アホちゃうか? また一つ飛んできたわ(笑)。まだ朝イチやのに、少なくとも4人はこれから靴無しで過ごすんやろ?」(TAKUMA)と、早くもテンションMAXな観客に驚きの様子。

続けて「おまえら飛ばし過ぎてガス欠なったらええねん。ロックなんてもんは、ガス欠になってからが勝負やろ!」とあおりながら「1sec.」へ。ステージ後方でもサークルモッシュが湧き起こるなど、激しい盛り上がりに。

その後「迷ってるヤツびびってるヤツ、もっとスピード上げていけ! たとえ間違ってても、スピードと気合があれば何とかなるぞ! 本当に強いヤツは、何回でも立ち上がってやるヤツちゃうんかい!」という熱い言葉から「その向こうへ」を披露。TAKUMAは「見せてくれ往生際の悪さを!」と観客をさらにあおり立てていく。

終盤に差し掛かり、TAKUMAは「楽しんでるか? すげえダイブするヤツ多いな。スイートラブというか、ヒューマンボディーがシャワー。しかも、9mm(Parabellum Bullet)のTシャツの人飛んできたし。(この後にライブするから)フライングやし。違うバンドTのヤツが飛んでくるのメッチャうれしいし!」と、ツンデレ気味に語り観客を喜ばせる。

そこから「根暗なヤツは、根元が暗いだけで普段は明るいから好きです。人見知りのヤツは、ライブに来ると豹変するのでだいぶ好きです! 普段のおまえらじゃない姿がたくさん見れたらうれしいです。根暗な曲をやります!」(TAKUMA)と語り掛けながら「太陽4号」へ。

それまでの曲からは打って変わったミドルテンポのナンバーを、声を枯らしながらエモーショナルに歌い上げたTAKUMAは、曲の最後にも観客へ熱いメッセージを。先ほどまで大暴れしていた観客も、この時ばかりはじっくりと曲に聞き入っていた。

そして「ありがとうございました! 最後の曲です。今度は本当に最後の曲。ありがとうございました!」(TAKUMA)という言葉とともに、「ヒトリセカイ」を熱唱。最後まで熱い言葉と演奏で、2日目のフェスに勢いをもたらした。

■ 水曜日のカンパネラ

Mt.FUJI STAGEでは、水曜日のカンパネラのライブがスタート。SEとともに虫や鳥の鳴き声が響きわたり、ジャングルのような雰囲気を醸し出す中、コムアイ(主演)はステージ向かって右側の通路から、巨大なオブジェのような乗り物に揺られながら登場。

そのまま客席を縫うように進んでいき、客席のど真ん中までやってきたところで「マルコポーロ」を歌い始める。コムアイは、曲に合わせて独特の舞いを披露したり、「スペースシャワー、大好きだ〜! SWEET LOVE SHOWERの皆さん、こんにちは〜!」と緩くあいさつしたりしながら、丸々1曲かけて客席を横断。

曲中もコムアイは、「今そこ歩いてる人、まだ始まってないから大丈夫! 走って!」と遅れてやって来た観客に声を掛ける。ステージ前に到着してからも、なかなかステージに上がらず観客の前で自由に踊ってみせるなど、観客と積極的に触れ合う場面も。

ようやくコムアイがステージに上がると、早速「シャクシャイン」を披露。北海道の地名や名物をラップしながら、コムアイは「カモン、山中湖!」とあおりたて、観客も思い思いに体を揺らしていく。

MCでは、コムアイが「お〜いみんな〜! 渋滞に巻き込まれたけど、どうにか30分前に着いたぜ〜! 余裕だぜ〜」と、危うく出番に間に合わないかもしれない状況だったことを暴露し、観客を驚かせる。

その後も「ウランちゃん」や「ユタ」といった、民族音楽的なアプローチのトラックで観客を踊らせていく。コムアイもフロアへ降りると、最前列のフェンスの上に立ち歌い踊り出す。

ステージ後方からは気球のような巨大な風船が飛んでくるなど、どこかカオスを感じる盛り上がりに。続く「一休さん」では、コムアイが観客とヒップホップ風に腕を振り上げ一体感を醸し出す。

そして、「最後の曲ですよ〜。みんな最後まで楽しんで!」(コムアイ)という言葉から、ラストの「桃太郎」へ。音源からかなりアレンジを変え、クールな印象のトラックの下、「キッビッダーン、キビキビダーン♪」というおなじみのフレーズを大合唱。コムアイは「はい、踊って踊って!」と、さらに観客をあおっていく。

そして、球体の中に入ったコムアイが、客席の上を転がる恒例のパフォーマンスを展開。観客が大玉送りの要領でどんどん転がしていく中、最後はスタッフに球体ごと回収され再びステージへ。コムアイは「ありがとうございました! さようなら〜またどっかでね〜!」と、マイペースにライブを締めくくった。

■ KANA-BOON

昼下がりのLAKESIDE STAGEには、KANA-BOONが登場。谷口鮪(Vo/Gt)のあいさつから、ライブは「1.2. step to you」からスタート。待ちわびていた観客は冒頭から大盛り上がりで、早くも大合唱や手拍子が巻き起こる。

その後のMCでは、谷口が彼らの番組「もぎもぎKANA-BOON」(スペースシャワーTV)とコラボしたフードメニュー“ターザン小泉のチキン南蛮ドーン”を宣伝する場面も。そこから披露されたのは「バトンロード」。シンプルながらもタイトな演奏で、満員の観客を沸かせていく。

続く「ないものねだり」では、谷口の「ワンツー!」というフレーズに観客がバッチリ声を合わせていく。さらに、谷口の呼び掛けから観客の大合唱を引き出していく。最後は「ラブラブラブラブラブシャ〜シャッシャ〜♪」と、フェスのタイトルをもじってみせ、観客を喜ばせた。

畳み掛けるように、ライブの定番曲である「フルドライブ」へなだれ込むと、フロアはたちまちダンスフロアと化し、ステージ前からはものすごい勢いで砂煙が立ちのぼる。あまりの盛り上がりに、谷口も思わず観客の体調を気遣う一幕も。

そして、楽曲に込めたメッセージを谷口が真摯(しんし)に語った後、新曲「それでも僕らは願っているよ」を披露。「明日は笑っていられますように」という切なる思いが込められたこの歌に、観客もしっかりと聴き入っていた。

最後は代表曲「シルエット」を全身全霊で演奏した4人。スタンディングエリアを覆い尽くすほど詰め掛けた観客たちとの、確かな絆を感じさせるライブとなった。

■ ヤバいTシャツ屋さん

KANA-BOONのライブを見届けた観客たちが、大挙としてFOREST STAGEに押し寄せる中、登場したのはヤバイTシャツ屋さん。こやまたくや(Vo/Gt)の「イエー! イエー! ヤバイTシャツ屋さんが始まるよ〜!」というハイテンションな呼び掛けから、ライブは「Tank-top of the world」で幕開け。

広いステージを隅々まで埋め尽くす人が詰め掛け、フロアからは絶え間なく砂煙が上がり続けるなど、冒頭から異様な盛り上がりに。続く「メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されている感じの曲」では、こやまが「全員飛べ!」「ヘドバン!」などと観客に動きを指示。

さらには「しゃがめしゃがめ! これメロコアバンドがライブで盛り上げるときに使うヤツ! 前からどんどんしゃがめ!」と、メロコアバンドのノリをネタにしながらライブを盛り上げていく。観客たちも一様にその“ノリ”を楽しんでいる様子。

続くMCでは、こやまが観客とのコール&レスポンスを楽しみながら、「出たかった〜! スペースシャワーTV、2016年11月のパワープッシュアーティストです! これを機にどんどん癒着していきたいなと思います!」などと、スペシャにすり寄る発言を連発。

一方で、「(俺たちのライブを)初めて見る人!」(こやま)と尋ねた際、大勢の客が手を挙げるのを見るや否や、こやまは「速攻で(手を)下ろしてくれ! 多い! いつになったら固定の客つくねん!」とボヤき、観客を笑わせる。

そして「みんなタオル見せてくれ! ヤバT以外のタオルもありがとう(笑)。タオル回したくなる感じの曲やっていいですか?」と「L・O・V・Eタオル」へ。詰め掛けた観客のほとんどがタオルを回す圧巻の光景を前に、メンバーのテンションもどんどん上がっていく。

「喜志駅周辺何もない」では、こやまが「コール&レスポンスします! 喜志駅周辺何にもない/あべのハルカスメッチャ高い/ラブシャのスタッフ接しやすい/ラブシャのスタッフ感じがいい」と観客に言わせていくが、しばたありぼぼ(Ba/Vo)から「ラブシャにこび売り過ぎ!」とツッコまれる場面も。

そこから「無線LANバリ便利」へなだれ込むと、前方はサークルモッシュで多くの観客がダッシュする事態に。さらに「残り2曲! みんな体力残ってる? その体力全部置いてけますか〜!」(しばた)と呼び掛け「ヤバみ」へ。すさまじい盛り上がりに、メンバーも思わず「何やこれ!」(こやま)「ビックリした〜」(しばた)と驚きの面持ち。

メンバー紹介の後、ラストは「みんな踊って帰ろうぜ!」(こやま)という言葉から「あつまれ!パーティーピーポー」を投下! 「しゃっ! しゃっ! しゃ! しゃっ! しゃっ! shirts! えっびっばーっでぃっ!」の大合唱もバッチリ決まり、大盛り上がりのうちにライブは終了した。

■ KICK THE CAN CREW

待ちきれないファンが早くからLAKESIDE STAGEに詰め掛ける中、満を持してKICK THE CAN CREWがステージへ。これまでもKREVAのライブに飛び入り参加するなど、同じステージに立つ機会はあったものの、ついにKREVA、LITTLE、MCUの3人がこの名義でラブシャに降臨した。

3人の登場だけですさまじい歓声が上がる中、ライブは活動再開ののろしとなった「千%」からスタート。MCU、KREVA、LITTLEの順でメインを取り、観客はその都度熱い声援で出迎えていく。

続けざまに披露した「地球ブルース〜337〜」では、KREVAが主導し三三七拍子をバッチリときめる。さらに、ラップ中のMCUの服をKREVAとLITTLEが脱がそうとするなど、仲の良いやりとりを見せていく。「マルシェ」ではKREVAが「SWEET LOVE SHOWERへようこそ!」と歌詞を変えてみせ、観客を喜ばせる。

MCでは、KREVAが「SWEET LOVE SHOWERにもありがとうございますだよな。まだフェスになる前、日比谷野音でやってたときに3回くらい出してもらって」と、ラブシャとの深い関わりと感謝を口にする。

その後、LITTLEからアルバムのリリースが告げられると、KREVAがすかさず「本当拍手とかいらないからCD買ってください!」と懇願し笑いを誘う。一方、MCUがツアーを告知するも、「ウェイウェイウェイウェ〜イ!」と妙なテンションで話し出し、2人にツッコまれる場面も。そのコミカルな掛け合いに、図らずも完全復活を感じさせられる。

そんな中、KREVAが「CD出るとかツアーするとか言っても、それだけじゃどうかと思うんで、新曲やります!」と宣言。だが、「ここまでいろんな掛け合い見せてきたけど、われわれ史上一番掛け合いが難しい曲です。リハでも1%くらいしか成功してないんで、みんなの力で成功させてください!」(KREVA)と、わずかな不安をのぞかせる。

そして「今日みたいな、夏の思い出作りに来た人にはぴったりの曲。もうギュッと集まってやろう」(KREVA)という言葉から、披露されたのは「SummerSpot」。宣言通りの非常にタイトな譜割りながらも、3人が圧巻のマイクリレーを見せ、観客からも惜しみない拍手が贈られた。

「いやーよくやった! 今日もうこれで良くない?」(KREVA)、「おし、帰ってドラクエやろうぜ!」(MCU)と、やりきったKREVAとMCUが帰ろうとするそぶりを見せると、LITTLEが「ちょっと待った! まだ終わりじゃないぜ!」と二人を止める小芝居を展開。

そこから披露されたのは名曲「イツナロウバ」。サビでは観客の大合唱が湧き起こり、当時を知らない世代にもアンセムぶりを見せつける。さらに「SAYONARA SAYONARA」で畳み掛け、彼らの曲がまだまだ“現役バリバリ”であることを知らしめた。

そしてラストは「アンバランス」。KREVAの先導に合わせて観客がゆっくりと手を振る美しい光景とともに、オールタイムベストといえる充実のライブを締めくくった。