「『欅のキセキ』アプリリリース&新CM発表会」に出席した欅坂46

写真拡大

欅坂46初の公式ゲームアプリ「欅のキセキ」の配信が10月18日から始まり、欅坂46の石森虹花、尾関梨香、小池美波、小林由依、菅井友香、長濱ねる、土生瑞穂、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐が10月19日、都内で行われた「『欅のキセキ』アプリリリース&新CM発表会」に出席した。

【写真を見る】「(オススメは)ボイスです。自分の声が出て恥ずかしいんですけど(笑)」と長濱ねる

同ゲームは、グループが歩んだ成長の“軌跡”と、メンバーが努力し続けることで起こした“奇跡”をたどるドキュメンタリーライブパネルゲーム。運命のオーディションから物語は始まり、プレイヤーは新米マネジャーとしてメンバーを支え、彼女たちと共に成長していく。本作だけのために収録したオリジナルボイスの他、撮り下ろし写真、限定ムービーなどがゲームを盛り上げる。

菅井は「自分のスマートフォンで自分たちのゲームをやるのが、すごく不思議な感覚でした。楽しくて(昨日から始めて)レベル12くらいまで進んでいます。夜に一気に3、4時間くらいやってしまいました。はまっちゃいました」と笑顔。

石森から「ゲームが得意で指さばきが素晴らしい」と言われた土生は、「元々携帯ゲームが好きで、自分自身がゲームの世界に入ってキャラクター化するのが、昔からの夢でした。『まだ始まらないかな〜』ってリリース日が待ち遠しかったです。(昨日は)さっそくプレイさせていただきました」と興奮気味に話した。

また、長濱は「父がすごく楽しみにしていて、父の携帯はスマートフォンではないんですけど、『どうしてもやりたい』って母にわざわざスマートフォンを借りていました。(父は)使い方がわからないので、教えてあげたいと思います」という家族の反応を明かした。

最後に、菅井が「たくさんの方々に『欅のキセキ』を通じて、私たちの歴史を知っていただきつつ、ゲーム内ではマネージャーさんとして私たちのことを支えていただけたらうれしいです。パズルゲームとしてもとっても楽しめますし、ストーリーも充実しています。ぜひ、ゲームを楽しんでください」と呼び掛けた。