画像提供:マイナビニュース

写真拡大

米Adobeは10月19日(現地時間)、ラスベガスで開催中のカンファレンス「Adobe MAX」において、新しいクラウド型の「Adobe Photoshop Lightroom CC」(以下、Lightroom CC)を発表した。

Lightroom CCは、プロカメラマンや写真愛好家を対象にした、写真の編集・整理・補完・共有に対応するソフトウェア。新たにクラウド対応が図られ、デバイス間でのデータの同期や自動タグ付けなどが可能になった。

ユーザーインタフェースも見直し、スライダー、プリセット、クイック調整ツールなど、Photoshopユーザーなら迷わず効率よく操作できるようになっている。また、人工知能と機械学習のプラットフォームである「Adobe Sensei」によって、被写体に応じた検索用キーワードを写真に自動的に適用。簡単に写真が整理できる。

RAWファイルを含む高解像度な写真データをバックアップできるストレージ容量も、オプションで拡張可能となった。ほか、簡単な操作で、SNSで写真を共有したり、共有可能な独自のLightroom Webギャラリーの作成にも対応した。

従来のサービスも「Photoshop Lightroom Classic CC」へと名称を変更して、スタンドアロンでの利用を重視した内容のまま提供を続けていく。大幅な高速化が図られており、部分選択ツールでのカラーと輝度のマスク機能など、新しい機能も追加している。

Lightroom CCを利用するためのプランは以下の通り。

iOS向けおよびAndroid向けのLightroomモバイルプランも用意しており、デスクトップ向け画像ソリューションは利用せず、モバイルのみで良いというユーザーはこちらが向いている。100GBクラウドストレージ付きで、月額480円(税別)となる。