画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JR北海道は11月4・5日の2日間にわたり、小樽駅構内で「小樽駅感謝祭」を開催する。普段は見られない駅長室の特別公開や小樽市総合博物館の協力による史料展示などを行う。両日とも11〜16時開催となる。

当日はイベント来場者に来駅証明書をプレゼント。駅長室では、制服・制帽を着用して記念撮影ができるほか、客室乗務員との撮影も可能。客室乗務員は来場者の出迎えや車内販売グッズの特別販売も担当する。史料展示コーナーには小樽駅や旧手宮線の歴史を示したパネル・動画が用意され、小樽市総合博物館の解説員が展示物を紹介する。港が見えるイートインコーナーもあり、飲食や休憩場所として利用できる。

その他、駅長室前の駅名標を2日間限定でレトロなデザインに取り替える企画や、駅ナカ各店を巡るスタンプラリーなどが予定されている。