(株)アバンティ・ウエスト(TSR企業コード:575909994、法人番号:1120001122268、大阪市北区豊崎3−6−11、設立平成4年12月、資本金2100万円、横治克行社長)は10月6日、岡山地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には飛山美保弁護士(岡山中央法律事務所、岡山市北区中山下1−9−1、電話086−212−2120)が選任された。
 負債総額は約3億円。

 (有)横治の商号で設立。29年10月11日に事業停止した(株)アバンティリゾートクラブ(TSR企業コード:293361851、法人番号:2011101025164、東京都)の事務所の立ち上げにも関わり、同社主催の旅行商品を取り扱っていた。20年8月には、第3種旅行業登録していた。
 タイ、インド、ドバイ、モンゴル、イラン、韓国、中国などのアジア諸国を中心に取り扱い、パッケージツアーのほかオーダーメードツアーやビザ取得のサポート、海外出張などにも対応していた。外国人の駐在スタッフも配置し、顧客対応に注力してきたが、経費負担が重く業績面は低迷していた。
 こうしたなか、29年3月には会費未納等で一般社団法人日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)の会員資格を喪失するなど、経営の厳しさが露呈していた。