ディープマインド社のウェブサイトより

写真拡大

人工知能(AI)開発の英ディープマインド社は、囲碁の世界王者を下して一躍有名となったプログラム「アルファ碁」の改良版を開発、2017年10月19日付の科学誌「ネイチャー」(電子版)に発表された。

「アルファ碁ゼロ」と名付けられた新バージョンは、人間による入力を一切必要とせず、囲碁を初めから独学で急速に習得できるという。「自己対局」のみで学習を重ね、そのたびに実力が向上していった。

アルファ碁は、2016年に囲碁の世界チャンピオン、イ・セドル氏と対決し、4勝1敗と圧倒。だがアルファ碁ゼロは、旧バージョンのアルファ碁との対局で100戦100勝を挙げたという。