中国国家統計局は19日、2017年1−9月期の経済運営状況を発表した。それによると、第3四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比で6.8%増、経済運営状況は9四半期連続で6.7−6.9%の間を推移しており、中高速成長を維持している。

写真拡大

中国国家統計局は19日、2017年1−9月期の経済運営状況を発表した。それによると、第3四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比で6.8%増、9四半期連続で6.7−6.9%の間で推移しており、中高速成長を維持している。中国新聞網が伝えた。

速報値の計算によると、1−9月期のGDPは59兆3288億元(1元は約17.0円)で、比較可能な価格で計算すると前年比6.9%増となり、成長スピードは上半期とほぼ同じで、前年比で0.2ポイント上昇した。産業別に見ると、第一次産業の増加額は4兆1229億元で、同3.7%増、第二次産業の増加額は23兆8109億元で、同6.3%増、第三次産業の増加額は31兆3951億元で、同7.8%増となった。(提供/人民網日本語版・編集YK)