昨季のMVP、ジャスティン・トーマスが貫禄を見せた(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ザ・CJカップ at ナイン・ブリッジス 初日◇19日◇ナイン・ブリッジス(7,196ヤード・パー72)>
韓国で初めて開催されている米国男子ツアーの新規トーナメント「ザ・CJカップ at ナイン・ブリッジス」の第1ラウンド。この日の競技が終了し、昨季のプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いたジャスティン・トーマス(米国)が2イーグル・7バーディ・2ボギーの“63”と爆発。9アンダー単独首位発進を決めている。
【スイング連続写真】石川遼が本気でチョイス!自身のベストスイングはいつだった?
3打差2位タイにはパトリック・リード、チェズ・リアビ、スコット・ブラウン(いずれも米国)、マーク・リーシュマン(オーストラリア)、ガビン・グリーン(マレーシア)が、4打差7位タイには優勝候補筆頭のトニー・フィナウ(米国)ら5人が続いており、アンダーパーを記録した選手は50人にのぼっている。
また、2015年の日本ツアー賞金王、キム・キョンテ(韓国)は2アンダー30位タイ発進。同じく日本ツアーで活躍しているソン・ヨンハン(韓国)は3オーバー67位タイと出遅れた。
【初日の順位】
1位:ジャスティン・トーマス(-9)
2位T:パトリック・リード(-6)
2位T:チェズ・リアビ(-6)
2位T:スコット・ブラウン(-6)
2位T:マーク・リーシュマン(-6)
2位T:ガビン・グリーン(-6)
7位T:トニー・フィナウ(-5)
7位T:ジョナサン・ベガス(-5)
7位T:ラッセル・ヘンリー(-5)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

初日のリーダーボード
国内男子ツアーは波乱の展開!初日の悪天候で…
【WITB】初メジャー制覇をもたらしたトーマスのウッド戦略とは?
米国ツアー新規トーナメント、選手達は韓国を満喫!?
【ジャスティン・トーマスのスイング解説】右モモと左足の動きを意識してジャンプアップで飛ばす