レッドブルエアレース2017最終戦・インディアナポリス。決勝日の朝は嵐から始まった。

前日までこの地域にしては異例の25〜27℃あった最高気温が嵐によって下がり、例年並の10℃台前半に下がっていった(実際、朝より時間を追うごとに寒くなった)。

決勝を前にメディアを対象としたハンガーウォークが開催される。イベント期間中、メディアが公式に直接選手・チームに話を聞ける機会として設定されており、TV局も基本ここでコメントを集める。 今回は、TVはNHKに加え、J-SPORT・TBSも現地取材に。TBSは撮影隊だけでなく、宇内梨沙アナも現地入り。

宇内アナは魅力的キャラクターであるだけでなく、昨年・今年と千葉戦の際は現地取材経験済みの「エアレース通」。また、取材時の勝率が100%であるため、チームファルケンにとって「勝利の女神」となっている。チームには知らされていなかったサプライズ取材(応援!?)に室屋選手の表情も柔かくなる。

一方ズバッと聞きにくい質問を室屋選手に投げて、はちまきの「侍魂」ならぬ「ジャーナリスト魂」を見せていた。一方、NHKの辻よしなり氏が開口一番「僕の時と表情が違う」と室屋選手は苦笑い。

TBSでは今回の取材を宇内アナのレポートで「ニュース23」で放送予定とのこと。J-SPORTSでも今月下旬に放送される予定。

Clicccarも注目の選手に質問を実施した。

室屋義秀選手からは、

「予選の際は、6気筒のうち1気筒で吸気漏れが生じていて、速度を下がる要因であったので、対策を行いました。また、雨が止んだ事に加え、決勝に向かい気温が下がり始めた。気温が下がる事で(密度が上がり、空気抵抗の小さな機体が)有利になる。自機の特性が生きるのでより気温は下がって欲しい。」

「タイトルに迫ったこの状態は今迄の積み重ねの結果なので、今さら力み過ぎないでベストで臨みます。」ソンカ選手については「速い選手ですが、ファイナル4で当たればきっと勝てます。今日は一日中ファイナルみたいなものですし、いい展開じゃないですか。」

と、気負いを感じさせずに語った。

予選最上位、マット・ホール選手は、

「今年の第二戦より機体を乗り換え、新しい機体は時間が掛かるというのは判っていました。計画通りに開発を進めていましたが、前戦・今回と予選トップタイムを取った事で、機体が速く育っているのを証明できましたし、プラン通りに進んでいる事が確認出来て満足しています。今日飛ぶのも楽しみですし、2018年はワールドチャンピオンを狙いに行きます。」

と、自身に満ち溢れた表情で語った。

ポイントリーダーのマルティン・ソンカ選手

「昨日から原因を特定しきれない不具合が有り、少し困っています。また、昨日までとは気温や風が全く違うので今日は別なレースになると思っています。室屋選手とは幾度も戦っていますが、対戦に秘策はありません。開幕戦で初優勝の際「明日起きると夢になっていないか心配だよ」といいましたが、今はそういう事は思っていません。今回はビックチャンスですが、シーズンを通して沢山ポイントを取りこぼしたとも感じていて、やり直せたらなぁと思っています」

直に接するソンカ選手は大変紳士的で穏やかな印象ですが、意外やクヨクヨするメンタルは普通の人でした。

この時間の最初にピーター・ポドルンシェク選手の引退セレモニーが行われました。

各チームのパイロットと関係者が自主的に集まったお祝いで、ポドルンシェク選手から各パイロットにお礼(贈り物)が渡されていた。ポドルンシェク選手は4年間エアレースに参加し(チャレンジャークラス2年を含む)、次のチャレンジの時期が来たと云う事だそう。飛ぶ事はやめないそうだが、日本でまたフライトを見る機会があるかを尋ねると「ヨシが呼んでくれたらいつでも飛びに来るよ」とコメント。

セレモニーの最後に集合写真を撮影。引退はさびしい事だが、ハンガーに優しい空気が流れていた。

天候の回復が遅れ、チャレンジャークラスの決勝はキャンセルとなった。チャレンジャーは予選結果でリザルトが確定、各選手には50%のポイントが与えられた。メラニーアストル選手がエアレース史に初の女性ウイナーと、インディアナポリスのスーパスピードウェイの歴史を名を刻むこととなった。

ラウンド・オブ・14の天候は小雨もあがって曇り。気温はかなり下がった。風は弱くなり始めたが、未だパイロンは揺れている。

スタート時間を大幅に遅らせて競技は開始となる。チャレンジャークラスのように予選=決勝結果=何も出来ずピート・マクロードに逆転され3位転落!…という残酷で最悪のシナリオは回避された。

Heat1 ミカ・ブラジョー vs ピート・マクロード

ブラジョーは大きなミスなく1.06.752の全体最初のタイムを刻む。

気温が下がったことでプラクティス/予選時より、かなり遅くなっているようだ。マクロード選手は中盤からは0.1程秒リードをしていたが、ゴールゲートをまさかのパイロンヒット!

+3秒のペナルティーが加算され1.09.598。3秒ペナルティーを抱えて、ファステストルーザーで勝ち抜けるほど今のエアレースは甘くない。ピート・マクロードの2017年のタイトル挑戦が終わった。

Heat2 室屋義秀 vs マルティン・ソンカ

今シーズンの雌雄を決する一戦。室屋選手、序盤でインコレクトレベルを喫するも、1.06.134を刻む。

安定した飛行で速い印象のソンカ選手だったが、まさかのパイロンヒット!1.07.866。

予選13位相当の苦しいタイムのままファステストルーザーでの勝ち抜けに希望をつなぐ。室屋選手は最高5位でもチャンピオンの可能性が高くなった。

Heat3 ピーター・ポドルンシェク vs マティアス・ドルダラー

ポドルンシェク選手はパイロンヒット、インコレクトレベル2回と7秒のペナルティーを重ねて1.14.083で掛け抜け、ほろ苦い引退レースとなった。

ドルダラー選手は相手がペナルティーを受けた後に飛ぶのにかかわらず、予選より0.2秒しか落とさない1.06.181で勝ち抜ける。

Heat4 カービー・チャンブリス vs ファン・べラルデ

チャンブリス選手も3周目最初のゲート(ゲート15)でパイロンヒット!1.09.598に終わる。ベラルデ選手は卒なく纏めて1.05.360此処までの最速タイムを刻む。辛うじて繋がっていたタイトルへの可能性の糸が切れ、チャンブリス選手の2017年が終わった。

Heat5 マイケル・グーリアン vs ニコラ・イワノフ

グーリアン選手は大きく風に煽られながらもノーミスの飛行を見せ1.07.517 イワノフ選手は3周目スラローム手前のゲート(ゲート16)でパイロンヒット!その後インコレクトレベル2回を重ねてしまい、+7秒ペナルティで1.13.242。グーリアン選手が地元で勝ち抜ける。

Hear6 フランソワ・ル・ボット vs ペトル・コプシュテイン

ルボット選手もゲート16でパイロンヒットを喫して+3秒の1.10.870。コプシュテイン選手は、ミスなく1.07.144で勝ち抜ける。

ここまですべてのHeat(対戦)でパイロンヒットが発生しており、ファステストルーザーはソンカ選手のままである。

Heat7 クリスチャン・ボルトン vs マット・ホール

ボルトン選手はノーペナルティでの飛行をみせ1.08.585。ここでファステストルーザーがソンカ選手に決まった(仮にボルトン選手が敗退してもソンカ選手より遅いため)。ポイントリーダー、死に体から息を吹き返す。ホール選手は予選1位の強さを示し、1.05.285のラウンド最速タイムを叩き出した。ラウンド・オブ・8でソンカ選手との対決となる。

練習日・予選日を通してパイロンヒットがほとんど無かったインディアナポリス大会。世界最高のアクロバット技量を持つスーパーパイロットが集うエアレースで、これだけのパイロンヒットが起こる=決勝レースは荒れ始めた。

スタートゲートの先、スラロームの手前のゲート(ゲート2,,16)でのパイロンヒットが圧倒的に多い。ここを「オーバーGを起こさず回り、スラロームに向けてスピードを残す」ことがタイム短縮に繋がるために攻める選手が多い。それが鬼門の原因となっている。

室屋選手はこのラウンド3位、対戦相手は同位のブラジョー選手となった。ノーミスであれば、1.04秒前半のタイムを記録している室屋選手。ブラジョー選手を寄せ付けず勝ち上がるだろう。

しかし、5位以内でのタイトル獲得という安牌なプランは消えた。直接対決を制したが、優勝してもチャンピオンは獲れないかもしれない。完全に2人に絞られたタイトル争い、世界一を獲る為の厳しく・痺れる展開は続く。

(川崎BASE)

世界一へ向けて室屋選手がライバルを倒すも、まさかの敗者復活!【レッドブルエアレース2017・決勝レポートその1】(http://clicccar.com/2017/10/19/521968/)